BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴川卓也さん2

2013年05月25日 17:09


「白シャツをサラりと着こなせるボディだな。

 ギース尾関君がトレードマークにしてる白シャツ姿とは大違いだなぁ」



宴(惜敗酒)会場の店先で鈴川さんと再会した時、

副音声でルイスの尻のカタチを褒めまくり

徳井にすっかり「ゲイキャラ」をつけられた僕は

そう心の中で呟いていました。



鈴川さんのカープに入団された経緯や、

佐々岡さんらベテランに、球児みたいなトレーニングを勧めちゃった話。

そして琢朗さん、前田智、小窪、梵選手らの五体に眠る秘話に

徳井も尾関も目を輝かせていましたね。

貴重なお話と濃密なひと時、本当に有難うございました。




「カープ再生プラン」なんて僕みたいなイチ作家が語るのはおこがましい実に重い言葉ですが、

ブログのタイトルになぞり「カープ愛」という事で許されるなら、

是非、広島内外の鯉友たちと一緒に「楽しく再生」して行きたいですよね。

嘗て偉大な広島県の先人たちが「たる募金」でカープを救ったように、

我々世代はカープを再生させる「たる企画」でカープを盛り上げたいですよね。

フロントや市政をディスるのは簡単。そうじゃなく楽しく。アイデアで。



【たる企画】

●マツスタの観客動員はさみしい。常に真っ赤なスタンドをみたい。

⇒僕の地元(五日市)でもシャッターを閉めるお店が増えている現状。
 そんな県下の商店街とカープが組んで「ベルマーク」ならぬ「赤ヘルマーク」を
 一定枚数集めたら外野席チケットがもらえる「広島県独自の入場システム」を作る。

⇒ファンに世界に1人だけの背番号を配布したり、新たにカープファンになってくれた人は、
 毎回試合前に松田オーナー同席で「H」のロゴの前で「入団会見」をやってもらえる。



●ジェット風船、スクワット応援に続く新応援スタイルがそろそろ出てきていい。

⇒鈴川さんプロデュースで、元カープのアレンやハ―ストをビリー隊長っぽくして、
 パパもママも応援しながら痩せれる「アレン・ザ・ブート観戦」の導入。


●広島以外の鯉友にもカープ愛を。
⇒2軍を「中四国カープ」してファン層拡大したり、東京でカープホーム開催試合をやる。


●新井コーチ就任で丸選手らの打撃が開眼したのなら。
⇒AKBみたく全球団に先駆けて「コーチ総選挙」をやってみる。


●朝ドラの「あまちゃん」ブームに乗っかり、天谷選手と元カープの天野投手たち主役で
 カープサクセスストーリー5分ドラマ「あまちゃん」をNHKで流す。 


~などなど、中にはバラエティ作家の悪い癖が出てしまいましたが、

 全国の鯉友がどんどん「たる企画」を出し合い、

 カープ球団に目を通してもらえるような楽しい流れを創りたいですよね。



長々とすいません。以上、御礼を込めて逆ブログでした。

桝本壮志

スポンサーサイト

鈴川卓也さん

2013年03月27日 23:40


僕もずっと逢いたかった人。
お逢いして、広島東洋カープの「体幹」には、
鈴川卓也さんという「幹」がある事に改めて気付きました。

選手の皆さんを見つめる 優しい眼差し。
球場を眺める 凛とした背筋。均整のとれた五体。
そして今、鈴川さんと広島カープの間に 
「フェンス」がある事が、少しだけ寂しかったです。

でも、いつかまた戻って来る。戻って来てくれる。
いや、きっと球団と選手が それを望む。
何年先でもいいから…。
そう思える素晴らしい人柄と才をお持ちでした。

鈴川さんの指先に宿る、鯉戦士たちの記憶。
鈴川さんの脳裏に眠る、鯉戦士たちとの眩い思い出。光景。
それは、ブログの写真のように、
とても素敵な1コマ1コマなんだろうな。
そんな事を思いながら、
隣で、紡ぎだされるエピソードに耳を傾けていました。

また近いうちに逢いましょう。
野球観戦いいですね。動画配信おもしろそうですね。
放送席から一緒にトイレに
「連れション」しに行く道中に聞かせて下さった
前田智徳選手とのエピソード。
イチ鯉ファンの僕にとって、一生忘れない素敵なお話でした。

以上、感謝とお礼を込めて、逆投稿でした。

カープファン 桝本壮志


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。