BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農業で鍛える

2012年09月23日 21:38


横浜戦、雨で中止になったんですね。

もし横浜が最終戦なら、タクローさんは打席に立たないといけませんね。

そりゃもう責任として、当然です。

もしCSに行けなかったら、それくらいは無いと。。。

本人嫌がったとしても、引きずってでも出してもらいたい。

誰が引きずるかって、前田さんだと嬉しいけど。そりゃないか。



それは置いといて、今日は

23日1

稲刈りと言う名の、ファンクショナルトレーニングでした。(田植えの時も言ったけど)

もう汗だく。

角っこや端っこは鎌で刈るんですが、これも下肢と上肢の連動です。

若干上下動をしながら、股関節を伸展しつつ、その勢いで鎌を引くと

「ザクザクッ」じゃなくて「ザッ」と1発で刈れます。

あとは稲を掴むグリップが、回内位か回外位かで効率が違ってきますね。

稲を刈るという動作、トレーニングのレベルで言ったら相当高いレベルですよ。


それに米の入った袋を運ぶ動作。持つ所とか無いですから、良い姿勢もくそもない。

がしっと抱えてトラックに積み込みます。


人間の本当の強さは、トレーニングルームの中では作れないです。

わけ分からんでしょうけど、田舎出身のトレーナーに分かってもらえればそれで良いです。


23日3

最後の1列を刈る時は、モヒカンの人を思い出します。

最近、モヒカンの方とちょっとした繋がりがありまして。

昨日、ロシアンツイストしてた人ですけど。

23日2

僕ら子供の頃は、稲刈りが終わったらグラウンドが出来たんです。

と言って近所の子供はうちの兄ちゃんと、カズくんとジュンジの4人でしたから

透明ランナー制でしたけど。

一回、9人対9人の普通の野球がやってみたいですね。

稲刈り直後の田んぼで。

棚田なんかでやると最高に面白いと思うんですが、どっかでもうやってますかね?


米作りは大変ですが

これもトレーニングだと思うと、結構充実感があります。

いっその事、人生そのものをトレーニングだと考えてしまおう。



何年やっても、稲刈りの流れを忘れてます。

やりながら、ああそうだったと思い出す。

まだまだ父ちゃんには現役で居てもらわないと。


では。


スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。