BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由であり続けるために

2012年09月25日 23:42


最近良く目にします。

「捨てる」という文字。

25日1

自由人として、読んどいた方がいいかなと。


この本も「捨てる」がテーマでしたが、

捨てるというのは結局は「選択する」ということでした。

「なんでもいい」とか「どっちでもいい」という言葉は、時に腹が立ちます。

無意識、無関心が一番ダメだと思うんです。

ですから、ちゃんと考えてこれは必要ないというものを捨てるという選択をするのが大事です。

もちろん、モノだけの話ではなく考え方、働き方、生き方すべての話です。


ま、たくさん同意できる(ほぼ全部)内容があったのですが

25日2

これなんかも「自分が」という視点でいくと捨てて終わり、になるんですが

相手(仲間)に「仕事を渡す」と言う視点もありますよね。

全部自分でやろうとするな。ということ。

相手の適正を考え、自分の生産性を上げる為に相手に渡した方が有効であれば。。。


「捨てる」で終わらず、その先を考えて自分から切り離す。


それって結構難しいですよね。出来そうで、やってない。


考え方によってはこの本、20代よりも

僕らのような30代後半のほうが当てはまる内容が多いですよ。


もちろんそんなに深く考えず、

ざーーーっと全部目を通すだけでも面白いです。

内容も、この本の構成も読みやすいです。


僕には結局この位の本がすーっと入ってきます。



しかし読みたい本が多いです。


本を読むとか、勉強するとか、カラダを鍛えるとか

そういう自己研鑽の時間は24時間から省いて欲しい。


何かをする、ということは何かを捨てる。という事なんでしょうけど。

僕はブログをとって、テレビを捨ててます。

本を読むなら、何を捨てよう?


スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。