BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いってらっしゃい

2013年01月31日 15:46

昨日の前田さんを最後に、カープ色の強かったオフシーズンのトレーニングが終わりました。

ここから先は、また日常のリズムに戻ります。

この自主トレ期間中は、僕自身アスリートモードに入っていましたから

クライアントの方々に対するトレーニング強度が、いきなりドンとあがったりしたかも知れません。

すみません。

30日7

昨シーズンオフからいろいろな選手のコンディショニングに関わってきましたが、

やはり球団トレーナーという立場と、フリーの立場ではずいぶん違います。

30日5

チーム全体を見るというのは、あくまでチームづくり優先であって、

個人のスキルアップは、その構想をもとに進めて行くわけです。

当然、2、3人のトレーナーが全員に対して100%のコンディショニングを行えるわけではないのです。

「申し訳ない」という場面が日々積み重なっていくわけです。

IMG_7077.jpg

フリーの立場だと100%のコンディショニングが出来ます。

ですから、このオフは非常に満足しています。

いや、50%満足です。あとはここから先、選手が良い結果を残せる事を望みます。


わずかな期間でしたが、少しでも僕を必要としてくれた選手にはやはり強い思い入れがあります。

30日6

本当に良い結果を出して欲しい。



ただ、

ここから先は少し警戒して欲しいという話。

良く「肩が出来ている」「身体が仕上がっている」という表現をします。

いつでも全力で投げられる、全力疾走が出来る状態の事ですが、

自主トレ期間中、一回仕上がってしまえば、例え一旦エンジンを切っても

その後の立ち上がりは早いです。

ですから、何人かの選手は「もうキャンプインからMAXでいけるな」と見えるわけです。


ただし。。。。

矛盾した話かもしれませんが

僕の経験上「出来た」状態の選手ほど怪我のリスクも高い。

いくら日南といえども、真冬ですから。

気温を考えずに動くと怪我をしてしまいます。

過去にそういう選手は何人もいました。沖縄でさえ、そういう怪我がありますから。

30日3

出来が良いほど、入念にアップをする必要があります。

スタートから5連勤だそうですが、じんわりやらないと。

しっかり走って、下半身を強化した後に技術練習するくらいがちょうど良いかも知れませんね。

要するに、朝の準備なんです。


30日1

本当に、怪我だけは気をつけて

いってらっしゃい。

スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。