BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が正しいのか

2011年09月21日 21:27

今日大阪出張から帰ってきました。

東京方面の新幹線は動いてなくて、ホームに人が溢れていました。ご苦労様です。

蓋

しかし台風の時の雲は

まるで世界に蓋をした様な、雲の低さです。

わざわざこんな低い所を飛んで来なくても、もうちょっと上の方を飛んでってくれればいいんですけど。

そういうものでもないんでしょうか。





松下幸之助さんの本は良く読みます。

松下さん1

リーダーになる人じゃなくても読んだら気付きがたくさんあります。



横着して写真を載せますが、右の太字の所、

松下さん3

何が正しいか。

などという事は人それぞれの環境によって違いますし、時期によって変わるものですから

誰か他人が決められるものでもない。



自分が「これが正しい」と思える信念を持たなければいけないと思う。

そんな信念を見つけるまでは、あと何十年もかかりそうです。


ただ、見つけようという気持ちがなければ

死ぬまで見つける事が出来ないわけですから、僕の場合

「模索し続ける」ことが、ある意味信念なのかも。


そうやって、徐々に徐々に自分の中の「正しさ」が明確になって行くのかもしれません。



勝ったらええなとか負けたら困るとか、

そんなことはもう余計なことや。

勝ってもよし負けてもよし、

やるべきことはやるということや。

そういう諦めがつかんと大事は決行でけへんな。



このフレーズ、大好きです。



今思えば、

一流選手は例外無くそういう取り組みをしていました。


結局のところ

勝つとか負けるとか、その対象が他人のうちは半人前で

自分との勝負に勝てる人、己に克つ人が

何かを成し遂げるのかもしれません。


ただ、そう言う人は

相手との勝負にも、とことんこだわる。

自分との勝負に全勝できる人が

初めて相手との勝負にこだわれるんじゃないかと思います。


最後の最後まで、ブレることなく

やるべきことをやりましょう。





コメント

  1. もーりん | URL | -

    でも。
    多少、ブレる事も大事ですよね。
    “遊びの部分”というか。そこから生まれる事も、確かにあるから。

    8月6日、広島で何十年かぶりでプロ野球が行われた日、カープは負けたけど、思ったんです。
    原爆が投下されて、戦争が終わって、日本は戦争には負けました。
    でも、あの時があるから今がある。
    たぶん「こんなことに負けてられない」と思った人や、そんな事すらも考える余裕もなく必死になって生きてきた人が、いまの日本や広島を作っていて、
    結局、戦争に勝ったとか負けたとか、そういう次元を超えた“今”があるんだなぁと。
    だから、カープも、そのとき、その試合に負けたとしても、最後は笑っていられたらいいなぁと。

    その後、イライラするゲームもあり、自分の精神状態と合わせて応援する気がなくなったりもしましたが、でもやっぱり好きなもんは好きなんです。

  2. TAK | URL | udVgpcQo

    武庫川の甲武橋!地元です^^
    台風の影響なく広島に戻れたようで良かったです!!

  3. 札幌のNONNON | URL | -

    九州、北海道のあとは大阪でしたか。
    日本の中なので時差ぼけはないでしょうが、気温差などで体調を崩しませんように。

    ところで、松下幸之助さんの本は、私も読みます。
    本当に色々心に響く言葉がありますよね。

    先日は、元巨人の桑田真澄さんの著書「心の野球」を読みましたが、
    桑田さんに対する見方が変わりました。

    その中に、「プロ野球は弱肉強食の世界だからこそ、勝利至上主義ではいけない。
    ビジネスの世界だからこそ、金銭至上主義ではいけない。
    勝ったとしても、きちんとしたプロセスを経ていなければ価値がない。
    たとえ負けたとしても、大事なのはそこからどうやって起き上がるかだ。」
    という言葉がありました。

    また、「目の前に起こった事は全てパーフェクト」
    たとえ試練に遭遇したとしても、それは必然であり、
    乗り越える事で人は磨かれていく
    とありました。

    私も同じように思います。

    どんな困難も今の自分にとって、必要な事なんだと。
    その時は苦しいけれど、乗り越えた時それが自分を成長させてくれたと気付くのですよね。

    そして苦しい期間が長ければ長いほど、それを抜け出した時に
    より一層喜びが大きいのです!

    より大きな喜びをつかむため、みんなで頑張りましょう!!

  4. だるま~♪ | URL | -

    大きな栗の木の下で…(笑)

    なるほど。

    これが正しいはない。

    納得です!!!

  5. あやれい | URL | -

    鈴川さんこんにちは。

    「何が正しいか」自分の中で明確になるのはいつなんでしょうねv-236

    10代の時は、根拠のない自信みたいなものがあって、
    20代で社会に出て、世の中の正解は一つじゃない事を知り、
    30代を迎えた今も、まだ確固たるものはない気がしますv-239

    「やるべきことをやる」
    当たり前のことなのに難しいですねv-40

    とりあえず私が、今やるべきこと。。。
    明日の子供の運動会に向けて準備します(笑)v-238

  6. まっくら | URL | -

    うーん

    松下さんの考えは好きな方ですが、個人的には今の時代には向いていないと思う考えもあるように思います
    何が正しいかというのは現代の人はもうある程度解ってるんじゃないですかね。
    それよりも何が楽しいのかの方が現代の考えには合っているように思います

  7. シンタロー | URL | .TdP4WeM

    「真摯さ」を持つ事の素晴らしさ!

    確かに「何が正しいのか。」という事は、人それぞれの考え方や
    時代背景などによって、色々と違いがあるので、必ずしも
    「これが絶対に正しい!」とは簡単に決められるものではありませんね。

    だからこそ、鈴川トレーナーの言う通りで「模索し続ける」ことが
    とても大切だと僕もそう思います。

    CHEMISTRYの堂珍君の好きな言葉は、『心を働かせる』という言葉だという話が
    CHEMISTRYファンの間では、とても良く知られています。

    僕もこの言葉の意味について、自分なりによく考えてみました。

    そしてある時に、「自分の立場だけでなく、相手の立場にもなって
    物事を考えている時は、『心が働いている』状態だといえるのではないか?」と
    いう事に気づきました。

    もちろん『心を働かせる』という言葉には、他にも様々な解釈の仕方が
    あるのではないかと思います。
    堂珍君にしても、その事については、おそらく生涯考え続けていくのだろうと僕は思います。

    僕から見て、堂珍君の一番素晴らしいところは、あれだけのスーパースターであり、
    周囲からチヤホヤされる機会も相当多いはずなのに、決して他人を見下すことなく、
    謙虚な心を持ち続けていて、自分の仕事上での役割、そして仕事上で接する全ての人に対して
    常に真摯な態度で接している事です。

    そして、それはCHEMISTRYのパートナーである川畑君についても同様です。

    その事を僕は、CHEMISTRYについての色々な話を知る事で理解しました。

    そんな素晴らしい心を持つ二人がデュオを組んでいるからこそ、
    CHEMISTRYの歌は、多くの聴き手の心に響くのではないかと僕は思います。

    鈴川トレーナーも、仕事柄、多くのプロの方々と接する機会が多いと思います。
    そして、そんな素晴らしいプロの方々は、例外無く「真摯さ」を持っている事を
    鈴川トレーナーは自分の経験上、良く理解しているのではないでしょうか。

    鈴川トレーナーもまた、「真摯さ」を持っているプロの人であるという事は、
    このブログを良く読んでいる人なら、誰もが御存知のはずですからね!

  8. トモ | URL | -

    鈴さん、無事に帰れたんですね。良かった

    私も台風が来る前に、空を見ていました!
    手が届きそうなくらいの低い雲は、物凄い速さで、いつもと逆方向に流れていて。
    そんな雲の切れ間から見える高い空の雲は、全く形も違い、あんまり動いていなかったりして。
    なんだこりゃ??と思って見ていました

    雲は西→東へ流れるとは限らないんですね今更、、、恥ずかしいですね*

    天気図見て(二次元だからか?)、雲はみんなほぼ同じ様に流れているんだと思っていました。
    台風の上にも青空がひろがっているんでしょうか?
    たまには、縦割りにした空を横から見てみたいなぁと、のん気に考えていましたよ
    (その後、自分が帰宅困難者となる事も知らずに。。)


    そうですね
    人によって、正解は幾つもあって良いんだと思います!

    私は振り返った後、『あの時もう少し頑張れたのになぁ』って思う事なく、全力を尽くせたら、嬉しいです*
    たとえ結果が上手くいかなくても、また次のために準備をして、越えていけばいいんだし!

    ただ、最大の強敵が自分だったりするので、難しいんです。。怠け者の自分がねぇ

    まだまだ頑張れるはず!
    がんばれるぞ!?自分!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。