BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挑戦

2011年11月10日 22:52

そして今日は?

DAH6.jpg

昨年も個人的に勉強させて頂いたDAH(ドームアスリートハウス)へ。

井澤さん(右)、石森さん(左)、奥でバット振ってるのが、いつもの藤井さん。



今年は例年とは状況が違う(膝が)という事でなんで、僕がここをプッシュしたんですけど。

ただ、ここが良かったかどうか?は

もう少し先か、随分先になってみないと何とも言えません。

タクローさんはほとんどの事を自分で出来てしまいますから、どこでも良いと言えばどこでも良いのですが、

紹介した僕としてはちょっとプレッシャーだったりして。

RIMG0066.jpg

今日は身体のチェックを行ったんですが、これがすでにいい感じのトレーニングになります。

なぜならこの人も、

DAH2.jpg

負けず嫌いですから。(あの人と一緒)



今回タクローさんが僕を誘ってくれたことは本当にありがたいことでした。

僕が思うに

本当に優れたトレーナーというのは、トップアスリートだけに対して指導が出来る人の事ではなく、

子供から老人まで、

どのレベルの人に対しても適切な言葉を選び、

適切なプログラムを提供できるトレーナーのことだと思うんです。

骨盤を立てるだとか、肩甲骨を寄せるとか、股関節をなんたらかんたら。

そう言う表現が誰にでも通じると思っていたら大間違いです。


まだまだ先は長いですが、僕はこの数ヶ月間、

そこに気を使ってやってきたつもりです。


でも、

DAH5.jpg

やっぱりトップアスリートに対する感覚も忘れたくないわけです。

トップアスリート用のギアがある。トップアスリート対応のOSが僕の中にある。

それはトップアスリートと触れ合うことでしか発揮できないモノなんです。



ですからたったの1日ですが

またこのギアを錆びさせる事無く回せたことが嬉しかったです。

いつの日か、また使いたいわけですから。


もちろんそれはトレーナーだけでなく

タクローさんにも当てはまるのかな?

ここ数年の流れを変えて、新しい環境でオフのトレーニングをするという事は


明らかに挑戦ですからね。


それだけ燃えてると言う事です。よね?

ましてや、目の前でダルビッシュがガンガンやってたら、そりゃ燃えるものもあるはず。

ここは他の競技のトップも来ますからね。

いい環境だと思います。



でもタクローさん、しばらく会えませんが無理なさらない様

のんびりやって下さい。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。