BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4s

2011年11月18日 14:03



僕は本を読む時に

表紙の裏に日付と読む目的(明確な場合)を書いてから読む事が多いのですが、

4s
(著者カーマイン.ガロ)

実はこの本、4回読んでいます。

初めて読んだのはカープに「コーディネーター」的な職種が必要だと感じたのですが、

それを誰かにうまく伝えるにはどうしたらいいのかと考えていた時でした。

2回目はカープを辞めてフリーになる時。

3回目、4回目はプレゼンの仕事が入った時。



ジョブズの考え方や、プレゼンの手法はトレーナーとして非常に参考になります。

トレーニングプログラムの組み立て方や伝え方、デモ(見本)の重要性など、本の中は書き込みだらけです。

どんな職種の方にも必ずヒントがあります。



僕がこの本から得た、一番大事な事は

トレーナーとしての心の持ち方。意識。


チームの中で選手を指導する、個人トレーナーとしてクライアントに指導する時、

僕らトレーナーやコーチは「自分が伝えたい事」がもっとも大事だと勘違いしがちですが

実は一番大事な事は

選手、クライアントの「知りたい事」「欲しいもの」なんだと。


このトレーニングや練習が、選手のプレーをどう変えるのか。

このトレーニングがクライアントの日々の暮らしをどう変えるのか。


ダンベルを美しいフォームで持ち上げる事で、生活を変えることができるのは

トレーナーだけであって、それは選手や一般のクライアントにとってゴールではない。

その先にある「何か」の為にプログラムを作成し、トレーニングを行う。


そこを忘れないようにします。


4-s

for Steveを意味すると言われた4s。

ある意味、5でなくてこの機種を持てて良かったと思っています。


すごくシンプルで楽しい。そして、

確かに日常が変わる。

本当にすごいモノを残された方です。

もうちょっとこの方の人生を見たかったですね。




コメント

  1. アクセル | URL | NlvRNj4I

    僕も持ってます☆

    僕もプレゼンする機会があるときにこの本を参考にすることもあるけど、
    それ以前にとても興味深く読んでいます。

    それにこの4Sも持ってたりします☆(白色だけど)

    仕事でプライベートでMacを使っていることもあり
    彼の生き様には自然と興味湧いちゃいますよね。

    物事に取り組む真摯な姿、最高のモノを作り出そうとする熱意。
    彼と同じ時代を生きてこれたという喜びと、その生き様をもう少しだけ
    見ていたかったという思いが入り交じった心模様です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。