BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスページェント

2011年12月17日 23:43

今日娘の幼稚園で行われました。

ページェント

クリスマスページェント。


実は30数年前、僕も同じ劇を経験をしています。

あの頃は宗教も何も分かってないですから、幼稚園ではみんなやってるものだと。

あの頃どころか、最近までそう思ってました。



地元の「聖母幼稚園」に一昨年行ったのですが、こんなに小さな教会だったのかと。

あの頃はものすごく広く感じていました。

幼稚園1

ここにステージがあったんです。

僕は宿屋の役でした。

微かにですが、30年以上も前の、あの時の空気は覚えています。


僕らが卒園してから2年後に、ここは幼稚園ではなくなり

幼稚園2

普通の教会になったはずなんですが、それでも建物が当時のまま残っているのは嬉しいことです。

この部屋は、めったに入れない部屋でした。

僕、この部屋にヨハネパウロ2世が住んでいると思ってました。本気で。



娘にとって今日のイベントは、おそらく何十年も記憶に残るくらいの

一大イベントだったはずです。僕自身、そうでしたから。


子供は毎日が全力です。

それは動きがあるという運動の部分だけではなく、静かな中にもいろいろなものに集中している。

無関心な瞬間はなく、ずーっと何かしら

見たり聞いたり感じたりしている。

そういう感情の部分が、全力だと思うんです。


今、そういう毎日を送れているだろうか。


そうしようと思って出来るものではないですが

少なくとも、思っている事を後回しにしたり

心の奥に封印したりしないよう

とにかく行動しよう。

上手く行くか行かないかという事より

やったか、やらなかったか。の方が大事ですよね。


子供を見習おう。


では。


コメント

  1. 海猿の階段近くから | URL | -

    鈴川さん、こんばんは。一昨日でしたか、石井選手のブログにもクリスマスページェントの事が書かれていましたね。実は、来春娘が入園予定の幼稚園もキリスト教系です。先週末にクリスマス祝会のお誘いをいただいていたのですが、残念な事に娘がマイコプラズマ肺炎にかかってしまい、参加出来ませんでした。再来年は娘もページェントの練習に励むのかな。今からとても楽しみです。話はかわりますが、私の友人は家族でインフルエンザの予防接種を受けたのに、全員がインフルエンザにかかってしまったそうです。鈴川さんも充分にお気をつけて下さい。

  2. 札幌のNONNON | URL | -

    私もキリスト教の幼稚園、中学、高校、そしてキリスト教の幼稚園に就職、と

    ページェントとはきっても切れないものがあります。

    しかも、高校3年生の時洗礼を受け、今では日曜学校の先生で、

    明日(厳密には今日)の礼拝で、子供たちに聖書のお話をする事になっていて、

    来週の日曜日はクリスマス礼拝後の祝会(お楽しみ会)の司会役です。

    (タクローさんの奥様には負けますが、手品を披露する予定です。)

    私も全力で頑張ります!!

  3. カープファンの小学校教師 | URL | -

    子供の不思議な力

    娘はページェントで、大天使ガブリエルをしました。堂々と歌うその姿は、周りの保護者さんの心に残ったそうです。後から、娘の様子を聞きました。よそのお子さんを教えるために、我が子のページェント、行けなかった苦い思い出です。しかたありません、仕事ですから。
    琢朗さんのブログにもありましたね、ページェント。よんだとき、やはり、苦い思い出が心に浮かびました。
    小学校では、二年生の担任。今、縄跳びの二重跳びを、必死で跳ばせています。八歳の子供が、二重跳び、どんどん跳べるようになるんです。子供の力は、すごいです。そして、二重跳びができる子供さんは、生活のいろんな面でバランスが取れています。琢朗さんの言葉を借りて言えば

    がんばろう 二重跳び!

    がんばろう 二年生!

    がんばろう 全国のお母さん教師!

    何があっても、我が子のページェントには、行かせてもらいましょう!

    かな。

  4. hello! | URL | JnoDGgPo

    童心忘るべからず

    鈴川さん、こんばんは。
    大人になると変な理性が働いたりして、やりたいくせにやらなかったり、行きたいくせに行かなかったり、そんなことが増えるような気がします。私自身もそうでした。
    今年に入ってひょんなきっかけ、出会いから、ある方向に突っ走らざるを得ない状況に陥り、時の流れに身を任せていたら何と心地のよいこと。来る日も来る日もいいことばかり起きます。冗談抜きで来年あたりポックリ死んじゃうんじゃないかと思うほどです。
    童心に返ったつもりで一心不乱に物事を突き詰めてみると物事が好循環してくるような気がします。多分失っていることや失敗していることなどもあるはずなのですが、そうやって敢えて自制を利かせない方が得るもののほうが多いような気がします。
    もういい年齢ですが、子供の心でいて許されるときはそうしようと今思っています。

    hello!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。