BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学3年生

2012年03月21日 08:31

この数ヶ月間、中学3年生の二人のアスリートのトレーニング指導をさせて頂きました。

トレーニングに関して、僕は中学生を子供扱いしていたかもしれません。自分の認識の中で。

中学生にはウエイトトレーニングはまだ早いのかな?と。

中学生には難しいトレーニング理論はまだ分からないだろう。と。


20日2

でも中学生はもう大人でした。

プロ野球選手と比べても遜色ない、同レベルのトレーニングが出来るようになりました。

違うのは扱う重量だけ。それは大した問題ではありません。

僕自身、びっくりしています。


学校の勉強も大事ですが、

僕は学生のアスリートにはトレーニングの勉強もしっかりして欲しいと思っています。

それは早すぎてもだめで、理想は次のステージが見えている「中学生3年生」かもしれません。


身体も大きくなり始め、ボディーコントロール出来始め、理解力が高まる時期。

身体の成長と、トレーニングで感じる「成果」が一致するのがこの時期かなと。


高校生になったら急に「ウエイトトレーニング」が始まります。

成長段階を考えると、高校から始めて当然だとは思います。


ただその時、全く知識がなく、

言われるままに3年間トレーニングを「こなす」のと、

自分の知識を持って、明確な目的やゴールに向かってトレーニングをするのとえらい違いです。

あっという間に差がひろがります。

同じ3年間、スポーツをして過ごすのなら

足し算よりかけ算で成長して欲しいですからね。


それに、正しいトレーニングは怪我の可能性を少なくしてくれます。

高校生、怪我さえなければ必ず上手くなります。成長します。


20日1

始めはまだ筋肉を付けるのは難しいと思っていましたが

会う度に筋肉が大きくなりました。ぐんぐんと。



中学生は、もう大人です。



でも中学生は、自分の意志だけでトレーニングは受けられませんから。

伸ばすのは、大人の役目です。

この二人の中学生のご両親の理解力に感謝しています。



二人ともこの3月で僕のトレーニングは卒業しました。

この先、高校大学とスポーツで結果を出して欲しいという気持ちは正直あります。


でも、それが全てではない。


と思っています。

数ヶ月一緒にやっていると、選手とトレーナーの関係だけではなく

何か弟のような、息子のような。。。そんな感情が芽生えてきます。



スポーツの結果だけでなく

これから先、二人が歩む人生すべてが

今はすごく楽しみです。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。