BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩返しの旅

2012年04月01日 22:47


4月になりました。

ホームページ、ブログ、Twitter、Facebookなどいろいろなものを試してみましたが

結局ブログが軸になりそうです。


ホームページを閉じて、ブログにくっつけようと思います。

ちょっとデザイン変わりましたが、ブログはこのまま続けます。

パーソナルトレーニングや、チームのコンディショニング指導など

興味がございましたら直接メール頂ければと思います。


今日の話はコーチズの話。

ここ数ヶ月出張ばかりだったんですが、ほとんどがコーチズの業務でした。


あまり知られていませんが(というか誰も知らない)、コーチズグループが全国に11カ所あります。

北海道、埼玉、東京、千葉、大阪、広島、島根、山口、佐賀、熊本、鹿児島。

発祥は広島です。


今回全国を飛び回っていたのは

「高齢者引きこもり予防 爆笑レク体操」

というなんだか長い名前ですが

要するに

おじいちゃん、おばあちゃんがいつまでも元気いられるような

「すごーく楽しい体操」

の普及活動でいろいろ動いておりました。

この

GB1

ガンバルーンという道具を使うのですが、これが非常に面白い。

カープに入る前も、このボールを持っていろんな所で体操指導していました。

埼玉や東京にもずいぶん行きました。

丸いものの良さは、動きを誘導してくれることです。

自分の身体のいろいろな部分にボールを転がすことで、手足や体幹が動いているわけです。

コーチズ

これは北広島の教室ですが、ボールをお腹の周りを転がす事によって

体幹のトレーニングにもなるし、胸椎の動きの改善にもなっています。

腰痛の改善にも効果的ですね。


筋肉は必要性があれば萎縮していくことはないはずです。

その必要性というのは、自分が身体を動かす事。運動です。

「まだまだ使うよ」というメッセージを、筋肉に届けるのが運動です。



運動の方法として

ニーズに対して100%応えるのが

PT.jpg

パーソナルトレーニングというマンツーマンでのトレーニングです。

それに対して、ニーズに対して100%とはいきませんが、

多くの人に健康の楽しさを感じてもらうのが

GB2

このようなグループでの運動指導です。

誰にでも出来る、シンプルな動きだけ選んでいます。


ただ、どんな運動も「楽しさ」がないと拷問のようなものです。

コーチズの体操は笑いが絶えません。

運動によって筋肉の老化を抑え、

笑いによって心の老化も抑える事ができます。



そしてこの体操教室は一人ではなく、たくさんの仲間と一緒です。



以前、運動で一番難しいのは「継続すること」と言いましたが

継続する為には楽しさや、何より「仲間」が不可欠ですから。




自由人になってから、また以前のようにコーチズのプロジェクトに参加しているのですが

やはりこの体操は高齢者の方々にとって、どんな薬にも優る

自分の内側から出る特効薬です。

運動による効果もありますが、楽しく笑うこと、人と語れることで

メンタルにも大きな影響を与えているように感じます。


みなさんのおじいちゃん、おばあちゃんは寂しい思いをされていませんか?

「何か」をしてあげたい。

という想いは、歳を重ねるごとに強くなっていきますよね。

それは僕も同じです。

その「何か」が運動で、しかも他の人と関わりを持ってもらえる場だったらどんなに安心かと。



ただ、高齢者の方々は自分でコーチズを呼んで、僕らを呼んで体操をやってほしいと思っても、

なかなかそうは行きません。

そもそも、僕らの存在を知りません。

誰かが企画し、地域の高齢者のみなさんに告知し、会場を用意し、僕ら指導者を呼んで下さって、

初めて高齢者の方のもとに「運動」が届くわけです。


世の中にはそれを企画、開催してくれる団体があるはずです。

役場にも高齢福祉課など関係部署があるでしょうし、社会福祉協議会、シルバー人材センター、

老人クラブ連合会などがそれにあたります。


そういった行政の関係者の方が、このブログを読んで下さっていれば幸いですが、

そんな大げさでなくても、地域のグループでもいいんです。

友達同士でもいいんです。

家族でもいいんです。

もっと運動を身近なものにしなければと思います。



必要とされれば、どこにでも行きます。

そういう経験を今はたくさん積みたいですから。



お世話になったおじいちゃん、おばあちゃんが

いつまでも元気で笑っていて欲しいという願い、何か恩返しをしたいという想いを

コーチズではこういった「運動」という形で全国に届けています。

この半年は、まさに恩返しの旅でした。



高齢化が進む一方で、このような活動はまだまだ追いついていません。

僕らよりもっと若い世代のトレーナーが、アスリートだけではなく

高齢者の方にも運動指導をするという、新しい視点を持ってもらえるよう

このような活動を紹介していくのも、僕の役目かもしれません。




コメント

  1. 大阪鯉 | URL | qKuIJ8qA

    いい笑顔

    おじいちゃん、おばあちゃん、いい笑顔ですね。
    自分の祖母を思い出しました。耳も遠くなり、年に1回帰省しても私のことはわからなく
    なってしまったようですが・・・
    昔はこんな笑顔だったなと思い出してしまいました。

    いつも暖かいブログをありがとうございます。

  2. suu | URL | -

    はじめまして

    とても素晴らしい活動をされていますね!
    ガンバルーンの存在を今知りました。
    高齢の義両親と同居中の為、このガンバルーンの存在を知れてよかったです。

    友人の姉が、東京で高齢者向けのヨガをしておりますが、ニーズが増えているようで忙しいと聞きました。
    コーチズの活動も、もっと沢山の方に知っていただきたいと思いました。
    微力ですが、必要とされている方のご縁がありましたら、是非コーチズの活動をお話ししたいと思います。

    偶然ですが、今日この記事に出会えた事に感謝します。
    とても勉強になりました。ありがとうございました!

  3. 51041 | URL | -

    鈴川さん、いつもブログ・フェイスブック拝見しております。
    今回の「コーチズ」非常に興味があります。
    昨年から介護関係の仕事に就き、デイサービスで行われる機能訓練のひとつとして
    スタッフと「運動」…集団、個別機能訓練について考えながらやってます。

    鈴川さんを書かれている「笑顔」がポイントなんですよね。
    あんましハードになると疲れも出て、「いや(ネガティブ)」になりがち。

    写真のような「笑顔」が皆さん出るような楽しい機能訓練のひとつとして
    今後も情報提供をお願いします。

    当方、広島です。カープも気になりますが…。
    今からですよね!!

  4. ビバくろだ | URL | -

    こんばんは!

    私の父は70歳を過ぎたとこで、動こうと思えば体は動くんですが「やる気が出ない」「集まりに行ってもしょうがない(人嫌いでもありまして)」というんで引きこもりがちです。食べるには困らないので仕事に出かけることもなくなりましたし…。

    そういう人を引っぱり出すというか指導者さんに家に来てもらったりする意欲がわくようにするにはどうしたらいいかなぁ、と考えています。

    やってみたら楽しいんだけど、「やってみよう」と思ってもらうには……と頭を悩ませるところです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。