BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボウリング

2012年05月30日 10:40

何年振りに行っただろう。

30日1

ボウリング。

ここ10年で1回やったかどうか。


それでも、自己ベスト(のはず)の160くらいでした。

僕の記憶では「ボウリングは100ちょっと」です。


まっすぐど真ん中なら、ほぼ投げられます。

昔は無理でした。


多分、身体感覚が良くなっていることと、筋力が上がったからだと思います。

ボウリングもやはり下半身が重要でした。



でも、マウンドの上から3万人の観衆の中でど真ん中には投げられないと思います。

僕がやるボウリングというのは、やはり遊びです。メンタルの負担が0です。


メンタルが身体に及ぼす影響というのはめちゃくちゃ大きいわけです。


プロ野球もレベルの高い遊びのはずです。とか言ったら怒られますけど。


しかし、

ボウリングは楽しい。


コメント

  1. ササ | URL | -

    ボーリング?

    ボーリングとは、地質調査などで、円筒状の穴を穿つこと。またドリルで開けられた穴を大きくする過程のことです。正しくは、ボウリングです。

  2. シンタロー | URL | .TdP4WeM

    「厳しいファンの方」と「心無い観客」の違い。

    確かに、メンタルが身体に及ぼす影響というのはとても大きなものです。

    球場の場合、選手の皆さんのメンタルに悪影響を及ぼす存在があります。

    それは、ヤジを飛ばす事『のみ』を目的として
    球場に来ている「心無い観客」です。

    「厳しいファンの方」は、確かに厳しい事も言いますが、
    しかし、良いプレーが出た時には、ちゃんと選手を称えます。

    それは「厳しいファンの方」は、ちゃんと野球を愛しているからです。

    一方で「心無い観客」は、良いプレーが出ても
    決して選手を称えようとはしません。
    むしろ、ムスッとした表情をしています。

    「心無い観客」には、野球への愛が無いという事です。
    だから、もはや「ファン」とは呼べないのです。

    現在のカープのように、チームが苦戦している時は
    「心無い観客」にとっては、正に絶好の機会なのです。

    しかし、カープは今から、はい上がらなくてはいけません。

    「厳しいファンの方」の陰に隠れて、ヤジ『のみ』を飛ばしている
    卑怯な「心無い観客」の存在を決して許してはならないのです。

    P.S.
    昨日はカープが勝つ事が出来て、本当に良かったです!!!

  3. やす | URL | -

    確かに。

    鈴川さん、初コメントさせていただきます。確かに仰る通りです。
    僕は、一緒に行った5~6人の前でも、うまく投げられないのに、プロの投手は、何万人の見ている前で、ホームorビジターとか、ピンチとか、色々なプレッシャーの中でボールをコントロールするって、大変な事ですね?
    そのメンタル面の負担たるや、計り知れない物ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。