BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆立ち

2012年10月30日 23:00


ふと、思い立った様に逆立ちをしてみました。

そしたら、多分これは人生初なんですが、

足を壁から離してみても20秒くらいまっすぐでキープできたんです。


やろうとしたこともないし、そんなに逆立ちに興味が無かったんですが

やってみたら結構面白い。



でも何度もやっていたらまず、手首が痛くなります。

肩も相当ストレッチしてからじゃないと負担が大きすぎる。

腰も反りすぎるのは怖い。

要するに

大人の逆立ちは用意周到じゃないと怪我します。

30日1

ということで、手首を守るにはパーフェクトグリップでしっかり支えて

なおかつ、グリップそのものが滑らないようにストレッチマットを敷いて、

肩は伸展位MAXでストッレッチをして

デクラインのプッシュアップやショルダープレス、ラットプルなどで肩関節を動かしてから

やっとこさ、逆立ちが出来ます。

歳をとると準備が大変ですが、怪我をするのもバカらしいですから。


と、おじさんの話は別として

高校や中学の部活で逆立ちを強制するのであれば

このくらいの意識で取り組んで欲しいという願いもあるんですが。。。


ちゃんと取り組めば素晴らしいトレーニングだと思いますから。




大胸筋がなかなか治らないので、逆立ちで憂さ晴らしをしているだけなんですが、

逆立ちくらい出来るおっさんになりたいなと、本気で思い始めています。


昔、

行き詰まったら逆立ちするような番組なかったっけ?


では。



コメント

  1. ましゃまゆ | URL | -

    鈴川さん!それって『あばれはっちゃく』じゃないですか? 小学生の男の子が主人公の…。
    めちゃくちゃ懐かしくて思わずコメントしちゃいました(笑)

  2. かちこい | URL | -

    中学校の組体操でどーしてもできなかった逆立ち(;つД`)
    今19歳だけどいつかチャレンジしてみたいなぁ(*´∇`*)

  3. 鯉人 | URL | -

    行き詰まったら逆立ち…あばれはっちゃくでしょうか?
    見たことはないのですか、話に聞いたことはあります。

    トレーニングをするには怪我を防ぐことをしっかりと考えないといけないんですね。
    自分がするときも誰かにトレーニングのやり方を説明するときも、トレーニングの効果ばかりを考えて怪我をしないようなやり方というのについてよく考えれていませんでした。
    鈴川ブログを読んでいると身体への興味がとても沸いてきます。
    今日、出先でイルカのショーを見たのですが何故イルカはあんなに跳べるのか、人もあんなに跳べないだろうかばかりを考えていました。
    鈴川さんも人間以外の動きに対して考えることってありますか?

  4. 神辺の幹やん | URL | tZDc9YLU

    父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ!!

    『あばれはっちゃく』でしょうか?
    小さい頃毎週観ていました。

    当時はたぶん主人公より年下だったと思いますが、
    今では主人公の父親世代です。。。

    カツオくんもマスオさんも
    いつの間にか追い抜いとるし。。。

    小学校のときの『三点倒立』は得意だったのですが、
    もうできんようになっとるんじゃろなぁ。

    逆立ちを試してみたい衝動に駆られていますが、
    鈴川さんでもこれだけの準備が必要なトレーニングなら。。。

    やめとこ。

  5. シマコ | URL | -

    それは!

    朝一で、おはようございます!(笑)
    悩んだら逆立ちして考えるのは「金田一耕助シリーズ」と旦那が言ってます( ̄▽ ̄)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。