BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひいおじいさんのそろばん

2012年08月16日 17:56

うちの実家には蔵があります。

以前三次の専法寺でイベントした際、英心のお父さんに「蔵に入って見なさい」と強く言われたんです。


そう言えば、高校出るまで18年住んでいましたが

蔵の2階をのぞいたことないし。

1階はちょくちょく出入りして、電気もつくんですが2階は窓の明かりだけですから。

蔵は「怖い」イメージがずっとありましたね。

16日1

ここはおそらく蔵に増築した納屋みたいなところ。

自分ちを「おそらく」なんて言うのもおかしな話ですが。

でっかい蜂の巣があるなあ。

で、その左側にあるでしょ。

不気味な扉が。土蔵というやつですかね。

16日3

開く時に「ゴゴゴゴゴ」っていいます。重いです。

子供じゃ開けられません。

16日2

あ、なんか見えたらすみませんね。

たぶん中には何もいないはずなんですが。。。

1階はまあ普通の蔵なので面白くないのでとばしますが

16日5

はい、これが2階。電灯なし。窓が一つだけ。

踏み入れたのは初めてです。なんか床が抜けそうで怖い。

いろんなモノ発見しましたよ。これもシリーズ化したいくらい。

すごいドキドキしたんですが、もうちょっと、もうちょっとって。

タンスの引き出し開けるのは相当勇気が要りますね。

で、今回はこれを紹介。

16日6

そろばん。

ひいおじいさんのだそうです。

かわいそうなのでゴシゴシ洗ってみたところ

16日7

立派なそろばんです。

ひいおじいさんってことは、何年前なんでしょう。100年くらい前?

このそろばんを、僕が会った事もない

ひいおじいさんが使っていたんだと思うと、すごく不思議な気がします。

当時の姿、ちょっと覗いて見てみたいです。



僕はひいおじいさんも、実はおじいさんも知らないんです。早くに亡くなられたみたいで。


僕が蔵で探したかったのは、

墓でしか会った事のない僕のおじいさんやおばあさんが、

本当にこの家に住んでいた証が何かあるんじゃないかと。


結果的にはザクザク出て来たんですよ。

昭和どころか、大正の文字も。

嬉しかったですよ。初めて鈴川家の歴史に触れた気がしました。



今回は一人で入ったんですが、

次は親父と兄貴と探検したいと思います。

みんなが元気なうちに。


あ、でも3人上がったら床が抜けるかも。





コメント

  1. --ho- | URL | -

    懐かしすぎです!
    私も子供の頃、家(店)にありました!
    幅はもっと短かったような…
    「5つ玉」なんですよね。
    繰上げがややこしくて…
    使いにくい、使いにくい!

  2. 高校野球部 5 | URL | -

    同級生かな!?

    もしかして、安芸高田市(旧高田郡)の町の出身ですか?
    記憶が確かなら、同級生だと思うんですが(^^;
    偶然、見つけて、もしやと思いコメントしました。
    元気にがんばってる見たいで(^^)
    間違ってたら、ごめんなさいm(__)m

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。