BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋と冬の間

2012年11月11日 23:14

田舎に帰る度に

今いったいどういう季節なのかと言う事を再認識させられます。

今は、秋の終わりというか冬の始まりのような季節。

11日1

僕が一番好きなもみじは、実家に帰る道ばたにひっそりと立っています。

11日2

唐辛子は米びつに入れておくとムシがつかないんです。

11日7

ヘチマで作った「たわし」

ヘチマ水とか、良く作ってましたね。

11日6

柿が一個だけ残っていました。さびしそうに。

最後の一個ではありますが、この木に来年もまた実が成ると思えば

最後ではないのかも。

11日3

オクラが干してあるのは、、、

11日4

種を取る為だったみたい。


いのちはぐるぐると廻る。



コメント

  1. 神辺の幹やん | URL | tZDc9YLU

    めぐる めぐる季節の中で

    あなたは 何を見つけるだろう♪

    『ヘチマ水』や『ヘチマたわし』
    とてもなつかしいです。

    ヘチマの実を腐らせて、繊維だけ残すときの匂いがよみがえってきました(笑)

    今年は柿やらみかんやら、大豊作みたいですね。
    近所の柿も、「これでもか!」ってくらい、
    一本の枝に実がなっています。

    鈴川さんのブログを読ませていただき始めたおかげで、
    今年はどこへ行っても『秋を楽しんで』います。

    冬も楽しみです。

  2. beach tribe | URL | -

    ふるさと

    このふるさとシリーズ大好きです。
    写真や文章から、ひとつひとつ、いろんなものが丁寧に手をかけ心をかけられ
    そんな生活の中ですずかわ少年は逞しく育っていったのでしょうねぇ。。。
    なつかしい景色や空気のにおい、実家のにおい、、、いいですよね故郷って。

    って私のふるさとは、すずかわさんとはまったく違った環境ですが
    それでも故郷を離れて7年、やはり想いを馳せる場所です。
    帰りたいけど、なかなか帰れない。
    帰ったところで、何もないんですけどね。(引っ越し好きの父が、子供が巣立ってあっけなく24年住んだ実家を売り払って別の街に越してしまったので。。)

    子供の頃夏休みには決まって父方のおじいちゃんおばあちゃんのところへ
    遊びにいきました。秋田の田舎で山に囲まれ、川遊びしたり畑で野菜の収穫したり。。
    この体験と思い出はやっぱり宝物です。
    自分の子供にもそんな体験をさせたいのですが、なかなか難しいですね。

    またふるさとの記事楽しみにしています!
    写真たくさん載せてくださいね〜

  3. みぃ | URL | -

    来年も実がたくさんとれるように、実をわざとひとつ残すと聞いた事がありますよ(*^^*)

  4. Kathy on Friday | URL | -

    木守り

    すずさん、こんばんは!
    そうそう、みぃさんのおっしゃるとおり、柿の木にひとつ残っている実は、残されてあるんですね。「木守り」って。 秋の色です。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。