BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を役立てる

2012年12月20日 23:27


例えば広島に大きな災害があったとします。

誰かに助けて頂ける事は、ものすごくありがたいと思うけど

それでも、まず自分自身が身を削ってでも誰かの役に立ちたいと思う。

当事者ではない僕が言っても説得力に欠けますが

大事な人が死んだ時にそういう気持ちになるのは、少しわかっているつもりです。


20日1

福島県いわき市。原発から40km。

今、全国を回って指導させて頂いている「高齢者の歩行力向上プログラム事業」に加えて、

僕がやってきたいろいろな経験、今後の提案すべてお伝えてしてきました。


被災地には被災地に合ったやり方があって

決して「僕らのやりたい事」と「求められている事」が一致しているとは限らない。

僕らは、彼らが必要な事だけをサポートしていく。

いや、それしかサポート出来ないと思います。



「ほどよく」支えるくらいから始めたい所ですが、

本音を言うとものすごく手応えを感じています。

力になれる事が、山ほどある。

参加者同士が笑顔で繋がっていけるコミュニティー作り。

筋量や筋力の維持が出来て、柔軟性も向上出来る運動プログラム。

高齢者でも、成人でも子供でも当てはまり

すべて屋内で出来ます。

たった数時間の会話でしたけど、それが出来るチームだと感じました。



何度も行って、何度も失敗しながら

1ミリでも復興の役に立ちたい。

僕の役目が廻って来ている。

そんな気がしました。




コメント

  1. 札幌のNONNON | URL | -

    人のために自分を役立てるって、素敵な事ですね。

    鈴川さんの仕事や考え方、生き方全てがすばらしいと思います。

    そもそも、働くという字は人のために動くと書きます。

    自分のため、自分の利益や地位や名誉のために動くのではなく、

    人のために動くのが働くという本当の意味だと思います。

    私も、日々少しでも人のお役に立ちたいと思っています。

    (時々おせっかいすぎる事もありますが・・・)

    相手の立場に立って、本当に相手が喜ぶ事をするのって難しいですよね。

    鈴川さんの活動が、ますます良い方向に進まれますように祈っています。

  2. MIYA | URL | NLNr8Ioo

    鈴川さんとマサさんで

    鈴川さんは

    とても、必要とされる人、うつくしい人、です。

    いつの日か、

    文・鈴川さん
    写真・マサさん(あとがきもマサさん)
    装丁・ic4さん

    で、本を書いてください。たくさんの方たちにとっての大切な一冊になると思っています。

    マサさんが撮る鈴川さんの表情、深い深い愛情と「ありがとう」が伝わってきます。マサさんじゃなきゃ、できないことですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。