BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いってらっしゃい

2013年01月31日 15:46

昨日の前田さんを最後に、カープ色の強かったオフシーズンのトレーニングが終わりました。

ここから先は、また日常のリズムに戻ります。

この自主トレ期間中は、僕自身アスリートモードに入っていましたから

クライアントの方々に対するトレーニング強度が、いきなりドンとあがったりしたかも知れません。

すみません。

30日7

昨シーズンオフからいろいろな選手のコンディショニングに関わってきましたが、

やはり球団トレーナーという立場と、フリーの立場ではずいぶん違います。

30日5

チーム全体を見るというのは、あくまでチームづくり優先であって、

個人のスキルアップは、その構想をもとに進めて行くわけです。

当然、2、3人のトレーナーが全員に対して100%のコンディショニングを行えるわけではないのです。

「申し訳ない」という場面が日々積み重なっていくわけです。

IMG_7077.jpg

フリーの立場だと100%のコンディショニングが出来ます。

ですから、このオフは非常に満足しています。

いや、50%満足です。あとはここから先、選手が良い結果を残せる事を望みます。


わずかな期間でしたが、少しでも僕を必要としてくれた選手にはやはり強い思い入れがあります。

30日6

本当に良い結果を出して欲しい。



ただ、

ここから先は少し警戒して欲しいという話。

良く「肩が出来ている」「身体が仕上がっている」という表現をします。

いつでも全力で投げられる、全力疾走が出来る状態の事ですが、

自主トレ期間中、一回仕上がってしまえば、例え一旦エンジンを切っても

その後の立ち上がりは早いです。

ですから、何人かの選手は「もうキャンプインからMAXでいけるな」と見えるわけです。


ただし。。。。

矛盾した話かもしれませんが

僕の経験上「出来た」状態の選手ほど怪我のリスクも高い。

いくら日南といえども、真冬ですから。

気温を考えずに動くと怪我をしてしまいます。

過去にそういう選手は何人もいました。沖縄でさえ、そういう怪我がありますから。

30日3

出来が良いほど、入念にアップをする必要があります。

スタートから5連勤だそうですが、じんわりやらないと。

しっかり走って、下半身を強化した後に技術練習するくらいがちょうど良いかも知れませんね。

要するに、朝の準備なんです。


30日1

本当に、怪我だけは気をつけて

いってらっしゃい。



コメント

  1. ゆっこ | URL | v2KMoNRI

    CARPの練習は

    鈴川さんお疲れさまでした。
    昔から一番きついと聞いていましたが、これは本当でしょうか?
    怪我が一番心配ですよね。

    一端怪我をするとなかなかはい上がれない。
    選手生活を断念したり……

    しかし、大竹投手が怪我を通して一段と大きく成長して帰って来てくれたことは、本当に嬉しかった。

  2. たくや | URL | 4xIztIkY

    初めてのイベント 最高に楽しかった。

    鈴さん
    こんばんは

    確かに 選手のコメントで、頼もしく思える部分と飛ばしすぎないようにと思う部分 両方感じますね。

    選手の立場や危機感によって異なるんだと思いますが、怪我をしないようにだけ、祈っています。

    個人的には、たくろーさんのイベントに来られなかった 小窪選手を応援しています。

    1試合でも多く 小窪選手の姿をマツダスタジアムで見る事を期待しています。

    鈴さん
    選手のサポートお疲れ様でした。

  3. シンタロー | URL | .TdP4WeM

    鈴川トレーナーもお疲れ様でした。

    球団トレーナーとフリーの場合での、立場の違いについての話がとても印象的でした。

    それと「少しでも僕を必要としてくれた選手にはやはり強い思い入れがあります。」という話には「やはりそういうものだろうなあ。」と思いました。

    鈴川トレーナーがこのオフに「100%のコンディショニング」でサポートした選手達なのだから、強い思い入れがあるのは当然です。

    若手、中堅の選手だけでなく、大ベテランの前田選手までもが、鈴川トレーナーを頼ったという事がすごい事だと、僕はそう思いました。

    これは全ての選手にいえる事ですが、鈴川トレーナーの話にもあるように、とにかく怪我だけは無いようにと、僕もカープファンの一人としてそう願っています。

  4. ビックリマン | URL | -

    鈴川さんへ。

    こんばんは。夜分遅くに、本当に、申し訳ありません。今日も、1日、本当に、お疲れ様です。僕達もですが、怪我をするとなかなか治らなかったり、治りが遅くなってしまったりありますので、スポーツ選手は特に、怪我は、致命傷にもなりかねませんし、最新の注意を重ね、そして、準備をする、鈴川さんのおっしゃている通りだと思います。お天気も、暖かくなったり、寒くなったりありますので、お体には、充分に気をつけて下さい。それでは、失礼致します。

  5. 札幌のNONNON | URL | -

    鈴さん、オフシーズンのトレーニングお疲れ様でした。

    関った選手に思い入れが強くなるのは当然ですよね。

    私もブログで拝見しただけで、思い入れが強くなっていますから。

    それから、本当に怪我には気をつけていただきたい。

    何しろ、雪国に生まれ育った私が先日、東京から戻った翌日に

    ロードヒーティングの切れ目の氷の坂で足を滑らせて転び、

    鼻をすりむきましたので。(手に荷物を持っていたので手を付けず、

    逆に手を骨折しなくて良かったと思っていますが)

    怪我の注意の仕方は違いますが、とにかくシーズン通して活躍できるよう

    無理せず頑張っていただきたいと思います。

    札幌にはなかなかカープのキャンプ情報が届かないので、

    タクローさんと鈴さんのブログに期待しています!!


  6. たろうパパ | URL | mB.BT9Ic

    いよいよキャンプin!

    最後の、想いが凝縮された「いってらっしゃい」。
    感慨深いですね。


    さて、大阪から今年初めてキャンプを見に行こうかと思います。
    もちろん9歳(4年生)の息子と一緒に。

    どの選手にサイン貰おうか?と息子に聞いたら「誰でもいい!」と。
    「オイオイ、それはあかんだろ…」と思ってたら・・・

    「だってみんなプロの野球選手だよ」「プロって、みんなスゴイんだよ!」「貰えるだけでスゴイよ」「お話しできたらいいなぁ」

    子どもにとってプロ野球選手というのは、大人が想像する以上にスーパースター、超人、なんですね。

    球場での試合以上に、距離感が近いであろうキャンプ。
     ⇒行った事ないので、わからないですが(笑)

    プロ野球選手を近くで見みたい、という息子の希望が叶えらればいいな。
    ファンマナーは守りながら、楽しく日南キャンプを楽しみたいと思います。

  7. ゆっこ | URL | v2KMoNRI

    琢郎コーチ

    背番号「75」ですね。

    昨年のキャンプのコーチ振りもYou Tubeで見ました。

    流石に素晴らしいコーチだと改めて思いました。

    キャンプが始まるというのにもう、オープン戦が楽しみです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。