BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツとして

2013年02月11日 04:48

昨日は家族でスキー場に行ってきました。

ここ10年、ほとんどやってなかったのですが

昨年あたりからまた徐々にやり始めています。




いつもガラガラのスキー場なんですが、昨日は混んでいました。

最近は自分でも粘り強いと思うのですが、営業時間ギリギリまで滑るんですよ。

最後の方が、意外に雪が締まっていて面白いし、

10日3

人の気配も無くなります。


それに、この疲労した感覚の中で滑る事で

久々にスポーツとしてのスノーボードを感じる事が出来ます。




20代前半はシーズンパスで毎年30回くらい滑りに行き、板もブーツも何もかも毎年のように全部買い替えて、

1年中スノーボードの事ばかり考えていました。

10日2

トレーニングも、ほとんどがその為でした。

「単なる遊び」と見られがちだったスノーボードを、僕はスポーツだと思っていました。

それが徐々にスポーツの枠を超えてライフスタイルになって行ったのですが。。。。


ですから

僕は「スノボ」と言う言い方はしたくなくて、「スノーボードに行く」とか「山に行く」とか言ってました。

スノボって言った瞬間に終わりだと思っていましたから。



でもそういうスポーツがあったから身体を鍛える理由があったのも確かで、

そういう動機がないから、人はだんだん身体を鍛えなくなって行く。


やはりトレーニングは「何かの為」でありたいと、自分では思っています。

トレーニングの為のトレーニングでは、いつか疲れてしまいそうです。

もちろん、それをさせない為に僕らが居るわけですから

トレーニングも「スポーツ化」していきたいと思っています。



最近は同世代の親父ライダーが子供を連れて

ゲレンデに戻って来てる感じです。


みなさん、何かしら感じている事でしょう。

あの頃のスピード感を、スノーボードは再現できます。

「あ、このターンの感覚」というのも、結構再現出来る気がします。

全く衰えていない、とは言えないけれど

そこそこ、いいものが引き出される。

10日1

山が、雪が、この空気が引き出してくれる。

そんな感じです。



技術はあるけど、身体がついていかない。ですよね。

それは実はすごくもったいない。

ちょっとしたトレーニングですぐ戻るんです。

ちょっとしたストレッチですごく楽に滑れる。

胸椎あたりの可動性を出しておくと視界が広がるし、なにより安全です。



サーフィンとか、ゴルフとか、スキーとか

歳を重ねてもかっこよく出来るスポーツがあります。

スノーボードももちろん同じだと思います。


僕は爺さんになっても、しわくちゃの顔になっても今のまま滑りたいですね。

昨日、そう思いました。


これを機に、またトレーニングに励みたいと思います。


では。




コメント

  1. 滑るというより… | URL | -

    子供が小中学生になり 初めて親子揃ってスキーをした頃…
    私も含めて皆 数メートル毎にドテンとコケてましたf^_^;

    でもやはり若さには勝てません…
    一時間もしたら 子供達はリフトに乗り山の上へ(+_+)
    つられて私も上がったものの 恐いったらありゃしない★
    引き返せないし 自力で降りないと誰も助けてくれないし…
    曲がる代わりに コケては方向転換してました(>_<)
    途中からは道具を投げ出して 転がって雪だるまになるか試してみようか…と思うほど疲れたのを覚えています★

    鈴川さんの綺麗な景色の写真を見てると 漫画にあるように ゴロンゴロンと転がっていく雪だるまになった私の姿が重なって見えてしまいました(* ̄∇ ̄*)

  2. 雪景色

    家族でゲレンデ、いいですね。お子達と一緒のときは、使う筋肉が違ってきますか?
    それにしても、すずさんのゲレンデ写真は天高いゲレンデですね。いいなぁ・・・。

  3. ほうせんか | URL | g7r.6ZAU

    3枚目の写真とても素敵です。
    同じ場所にいて見たかったです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。