BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野弘文さん

2013年04月19日 10:48


いつの間に。

サーターアンダギーが似合う、奄美の男。

闘争心と癒しが同居する男。

19日1

上野くんが1軍に上がったようです。

ようです。と言うのは、ただ結果しか見てないので。

でも「勝ちが付いた」という文字を見て鳥肌が立ちました。

嬉しかったですね。


この前由宇で頑張ってやっているのを見ていましたから。

3日1

照れ屋です。

3日2

隣の岸さんは、相変わらず芸が細かいです。


今のチーム状況とか、技術だの能力だの

そういうのはもう全くわからないので、ただ懐かしくて嬉しいだけなんですが、

経験のある人間が、落ち着いて役割を果たすっていうのも良いです。



でも実は、上野さんはブチ切れて投げるのがスタイルだと思うんです。

マウンドではブチ切れて、練習中は彼の周りは「島」の雰囲気です。そこが魅力的なんです。

19日2

思えばこの頃のメンバーがずいぶん1軍に上がりました。

もうちょっと後で出番が来ると思っていましたが、思いのほか早かったですね。


岸も、さいとうくんも、おおしまくんも、

仲良しのペローンも頑張らないと。

では。



コメント

  1. rei | URL | -

    いい写真ですねぇ(*´∇`*)

    記者やファンでは撮れません。

    一軍経験がある選手が
    二軍で腐らず頑張ってるのを知ると
    さらに応援したくなります♪

  2. りく | URL | -

    ファームの選手たち

    毎朝、新聞でファームの試合結果をみて、頑張ってるんだなあと嬉しくなります。

    いくら結果を出しても、なかなか1軍には上がれません。

    ポジションは、平等に与えられるわけではない。

    厳しいですよね。
    でも、ファームの選手たちが元気はつらつでプレーしている姿が目に浮かぶんです。

    達川さんが
    「野球の神様がおる」
    と言われていました。

    本当にそう思います。

    今を一生懸命頑張っていたら、野球の神様がチャンスを与えてくれますよね。



  3. ゆっこ | URL | v2KMoNRI

    18日の試合

    武内投手に始まり、菊地原投手、梅津投手、上野投手と二軍上がりの選手で勝ち取りましたね。

    私も昨年何度か由宇球場へ行っているので嬉しく思いました。

    梅津選手と上野選手の会話が楽しいんですよ!

  4. すずさん、おはようございます!
    すずさんからのファーム写真+情報はとても楽しみです。reiさんのおっしゃるように、すずさんのアングルですね♡
    今日も花冷えの広島ですが、前健君の肩は温まっているかな?背中は私たちファンが温めて(熱くして)あげますよ(!) 広瀬さんにGの菅野君を打ち負かして欲しいです。けど、"宿舎入りに黒田投手の本を持参"との報道に心がグラッとしたのです。。。でもでも、Gのどや顔は見たくない!!
    がんばれカープ! がんばろう日本!←著作権の侵害・・・?
     

  5. 上野選手大好きです♪ | URL | -

    1軍に戻ってきた投げている姿を見れた時は、ホントに嬉しかったです!
    今シーズンは、これからずっと1軍に入り浸ってください!

  6. シンタロー | URL | .TdP4WeM

    「過程」と「結果」

    上野投手といえば、今日の試合では8回表のツーアウト満塁のピンチで登板して、見事に三振を奪っていました!
    今日の試合では、エース前田健太投手が先発回避という非常事態でしたが、投手陣は皆頑張っていました!
    代役で先発した中崎投手は、前日もリリーフで1イニングを投げていました。
    ソロホームランを二本打たれましたが、その2失点で5イニングを投げ抜いてくれました。

    今のカープは、ケガや故障による選手の離脱が重なる苦しい状況ですが、こんな時こそ今いる選手の皆さんで乗り越えていく時です。
    僕は応援する事でしか力になれませんが、自分に出来る応援で少しでもカープの皆さんを後押し出来たらと思っています。

    それと、鈴川トレーナーは以前にTwitterで『みんなが「プロは結果」って言う意味がわからない。そう言ってる人を否定するつもりは全くなくて、単に、僕にはほんとに分からない。』とコメントしていました。

    プロで「結果」を残し続けてきた選手は皆、「過程」の段階で並々ならぬ努力をしているはずです。
    才能や運だけで「結果」を残し続けられるほど、プロ野球界は甘い世界ではありません。
    また、プロ野球界では『必死に努力した選手が必ずしも「結果」を残せるとは限らない』という厳しい現実もあります。
    何故なら、相手も「結果」を残す為に必死に努力しているからです。
    それでも「結果」を残す為に、プロ野球選手は皆、必死に努力しているはずです。
    だから、その努力の「過程」を間近で見ていただけでなく、そんな選手達を支えてきた鈴川トレーナーの立場としては『結果よりも過程』と考えるのは必然的な事です。

    一方、僕の立場としては、カープの選手の皆さんの「過程」が無にならない様に、応援で後押ししたいと考えています。
    やはり現実としては、大多数のプロ野球ファンは「プロは結果」と考えています。
    「結果」が出なければ、プロ野球選手は不特定多数の人達から罵倒される事にもなります。
    しかし「結果」さえ出せれば、罵倒している人達を黙らせる事が出来ます。

    プロ野球選手が必死に努力している理由は、勝って栄光をつかむためです!
    断じて、負けて罵倒されるためではありません!
    だから僕はカープの選手の皆さんが「良い結果」を出せる様にするために、自分に出来る応援をしていくという事です。

    それと僕が思うに、選手が「結果」を出す為の「過程」についてよく知っている人ほど、選手が結果を出した時の喜びはより大きいはずです。
    鈴川トレーナーは『「(上野投手に)勝ちが付いた」という文字を見て鳥肌が立ちました。』とコメントしていますからね。
    鈴川トレーナーの「カープの選手一人一人への思い入れの強さ」は、僕などとは比べ物にならないほど大きいはずです。

    ただ「結果」のみにしか興味の無い人には、選手が努力の末に「結果」を出した時の喜びは決して分からないでしょう。
    プロ野球選手にも、一人一人にそれぞれの「人間ドラマ」があります。
    僕も堂珍君がカープの選手の皆さんの「人間ドラマ」を追いかけているという話を知って、自分もやってみようと思いました。
    鈴川トレーナーの場合は、正にその「人間ドラマ」の中にいた人ですからね。

    鈴川トレーナーの写真で、カープの皆さんが良い表情で写っているのは、それだけカープの皆さんが鈴川トレーナーに心を許しているという事ですね!
    僕としては、そんな鈴川トレーナーがとても羨ましいです。
    そんな立場には、なかなかなれるものではありませんからね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。