BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまにはプレイヤーに

2013年04月26日 18:42


昨日と今日の二日間、コーチズでは強化合宿という事で

26日1

バドミントンや

26日2

テニスや、

その他いろいろなスポーツをやったんですが、

もう身体がパンパンです。

でも張っているのは、強いて言うなら「前腕」でしょうか。

下半身はそうでもないかな?腰は少し張りがありますね。



テニスは軟式のグリップだとバックハンド?バックサイド?の時にあり得ない負荷が「肘」にかかりますね。

硬式のグリップの方が下半身をうまく使えて、肘には負担が少ない気がします。

バドミントンはとにかく手首を使う事が多かったです。


でも、うまい人は下半身を使えて、体幹が効いて、肩甲骨が動いて、

その先にある肘や手首はほとんど使わないのでしょうか。


やはり一番大事なのは下半身だという事が、身を持ってわかりました。


という事で、たまにはプレイヤーとして

身体を酷使することも、トレーナーとして必要だということですね。


若いトレーナーは、それをちゃんと感じてくれたでしょうか?

ああ楽しかった。じゃだめなんですが。

では。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。