BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街の自転車屋さん

2011年07月13日 21:21

広島市内にある自転車屋さんなんですが、

家にあるポンプだとバルブの形状があわないので、時々持って行って空気を入れてもらってます。

何を買う訳でもなく空気を入れるだけなので、ちょっと気が引けるのですが

店員さんはイヤな顔一つせずにやってくれるので、お言葉に甘えてます。


先月、自転車が(僕も)一回転してしまって、曲がったハンドルは自分で直したんですが

もし走行上危ない箇所があってはいけないのでメンテナンスしてもらいました。

チャリ

テキパキと。

いつも言いますけど、職人さんの動きってかっこいい。

こういうのお金取らないのかと聞くと

「ここで買ってもらった以上、このくらいやるのは当然ですよ」と。

僕は当然だと思ってないですよ。

自転車のことは分からないですから、すごく感謝してます。

メンテナンスしてもらったあとは

びっくりするくらい乗り心地が良い。全然違う。

自転車屋さんが感じる以上の満足度を

僕らは味わっているわけです。



自転車を売るだけでなく、

自転車に乗る事で得られる体験を売る。

そういう発想があればメンテナンスも当たり前で、売り上げは結果として上がるのでしょうか。

なるほどなるほど。


クライアントのみなさんにとって

パーソナルトレーニングというサービスを受ける事がゴールではなく

トレーニングによって健康になった事で得られる体験の方が

よっぽど大きな出来事なんですよね。


そこを忘れないでいようと思います。


自転車もメンテナンス。

身体もメンテナンス。


身体のメンテナンスも

「全然違う」と思ってもらえるよう頑張ります。





コメント

  1. hello! | URL | JnoDGgPo

    感動を売る!!

    鈴川さん、こんばんは。
    そういえば先月お怪我されていたという話がありましたね。自転車で一回転されたとは・・・。大事に至らなくて何よりです。くれぐれもお気を付けてくださいね。

    さて本題ですが、そうですよね。簡潔かつ堅苦しく言えば、仕様を満足する商品・サービスを提供するだけではなく、顧客の満足、もっと言えば「感動」を売るのが真のプロフェッショナル!ということかと思います。

    プロ野球などを考えるとそれ(「感動」を売ることが真のプロ)が当たり前のことで、そういう世界はある種特殊なものように思いがちですが、きっとそれはそうではなくて、どのような仕事であれ自分を選んでくださった顧客に誠心誠意尽くし、最後には感動を覚えていただけるほどの成果を出す。これが全ての社会人が目指すところなのかもしれませんね。

    こういう気付きを忘れないようにしたいものです。やっぱりすずさんのBlogはいいなぁ。。。

    hello!

  2. あさひ | URL | -

    やっぱり

    一回転だったんですね…

    私は 自転車屋さん大好きです。娘のを買ってから しょっちゅうメンテしてもらいに寄ってます。じっと 手元を見ていると いいんですよね~
    元風景をたどると 鉄工所をやっていた 祖父の 溶接だったり 裁断だったり…よくくっついて 見せてもらっていたものです。

    やはり 職人の 技、プロ根性は いいですよね…
    私の相手は 「人」ですが "さすがプロ"って 仕事を 心がけたいと思いました。

  3. MIYA | URL | NLNr8Ioo

    mentality

    プロの技は真似ることはできなくても、

    その技を支えるメンタリティは、ほんの少しでもいいから、自分のものにしたいと思います。

    身体と心はきりはなせないですね。

    鈴川さんのblogを楽しみに訪れて、鈴川さんのメンタリティに触れることで、たくさんの方が心もメンテナンスされているのかもしれませんね。もちろん私もその一人です。わぁ~っていう気づきがたくさんあります。

    あ~かなりびっくりしました。一回転。んっ、一回転??想像するのやめておこ。。。

    一回転後のblogの空気感、すこしかわったと思いました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。