BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソン

2011年09月01日 14:23

10日ほど前に、これじゃいかんと思ってアマゾンで5冊くらい本を注文した中に

走る

この本が。

自分でもなぜこれを注文したかよく思い出せないのですが

心のどこかで、マラソンへの憧れのようなものがずっとあったから、それかも。

村上さんのマラソンの位置づけは「健康のため」だけではないんです。

小説家としての骨格や筋肉(考え方としての)を、マラソンで得ている部分があるようです。




それにしても小説家の書く「身体」や「トレーニング」の表現は素晴らしい。

言葉のプロが「漸進性」を語ったら、誰でも強くなれそうな気がします。

具体的で、生々しいから、イメージがわきやすい。



心に響いたフレーズは何カ所もあったのですが

例えば。。。。

誰かに故の無い非難を受けたとき、
あるいは当然受け入れてもらえると思っていた誰かに受け入れてもらえなかった時、
僕はいつもより少しだけ長い距離を走ることにしている。



腹が立ったらそのぶん自分にあたればいい。
悔しい思いをしたらその分自分を磨けばいい。
そう考えて生きて来た。
黙って呑み込めるものは、そっくりそのまま自分の中に呑み込み、
それを小説と言う容れ物の中に、物語の一部として放出するようつとめてきた。



筋肉は覚えの良い使役動物に似ている。
注意深く段階的に負荷をかけていけば、筋肉はそれに耐えられるように自然に適応していく。
「これだけの作業をこなさなくちゃいけないんだ」
という記憶が、反復によって筋肉にインプットされていく。
しかし負荷が何日か続けてかからないでいると
「もう頑張る必要はないんだ。あーよかった」
と自動的に筋肉は判断し、限界値を落として行く。
筋肉だって生身の動物と同じで楽をしたい。負荷がなくなると安心して記憶を解除して行く。



などなど、共感というと偉そうですが

僕も同じ様な感覚は持っていて、でもそれを噛み砕いて伝えるのって難しいなと思っています。

生命や細胞に関わること、トレーニングの方法などは「通訳」が必要です。

科学的に実証されてきたことを、訳してクライアントに教えてあげるわけですから、

走る小説家の言葉はとてもに参考になります。



それで、この本を読んで

「今日はついたちだから、マラソンやってみよう」

という単純な話ではなく、

今後トレーナーとして人生を送る(おそらく。。)わけですから、

そのトレーナー業を支える「何か」が欲しいわけです。



村上さんの言う

「自分の中にまだ手つかずの鉱脈のようなものが眠っているという感触」を得たいわけです。

トレーナーとしての、自分の輪郭を保つ為の「何か」が。

だいたい世の中の人の「何か」はスポーツですよね。

僕の場合本業がスポーツの様な物なので悩むんです。



ま、

「悩んでるひまにひとつでもやりなよ」

ってドラちゃんに言われる前に走ってみようかと思うんですが。。。。

少なくとも、こうやって文章を書いたり、ブログ用の写真を撮ることで

自分の中の鉱脈の一つは見つかったと思います。



何かないですかねえ?



コメント

  1. まるもあい | URL | rGnH9c.U

    そういえば

    記事で見かけた気がしないのですが、何か楽器は演奏されないんですか?

  2. たんまる | URL | -

    トレーナー業を支える何か・・・
    そーですねー

    私は普段ヒップホップ踊ってますが、
    ずっと洋楽ばかり聞いているのも
    たまにしんどくなるので…

    最近は日本のアーティストのコンサートに
    よく行くようになりました(^ ^)

    生の歌声は最高に気持ちいいですし
    パフォーマンスの勉強にもなりすし☆

    …って、
    すずさんの質問の答えに
    なってないですね(ーー;)





  3. あやれい | URL | -

    言葉のプロ

    鈴川さん、こんばんはv-272

    言葉のプロのかたの表現力には、いつも感心してしまいます。
    「そうそう私も全く同じ意見!!」
    と思っても、じゃあ私がその思いを文章にした時、
    そんなに的を射た表現が出来るかといえば・・・v-40
    だからプロなんだと言われれば、そうなんだけど。

    手つかずの鉱脈のようなもの・・・ですかv-212
    鈴川さんは趣味も知識も興味も幅広い気がするので、
    「手つかず」が思い当たりませんv-17
    鈴川さん、何に「興味がない」んですかv-236

  4. df | URL | -

    カムバック!!!!

    なにか。。。
    それは、ズバリカープに帰ってくることです!!!!!
    と、願望を出してみました!
     スズさんはたくさんの人に好かれているから、カープの雰囲気も今より明るくなると思うし、
    丸や猛みたいな若手が壁にぶち当たった時にアドバイスなどしてあげてほしい><

     カープメンバーと話したりカフェめぐりしたり、一緒に成長し合える環境で仕事できることこそ
    トレーナーの業を支えるのはないでしょーか?
    高校生が生意気の意見すみません^^;
     あ~今から未提出の宿題頑張らないいかん;;

  5. kei | URL | -

    自分の何か新しいスイッチを押してみたい、としたら
    僕の少ない経験からいうと二つおすすめします。
    ・古典的な型にかっちりはまってみる
    僕の場合は古武道、茶道がガツンと来ました。
    最初はピンと来なくても、流れや所作の深い理由を一つ一つ理解していこうとすると色々目が覚める所があります。
    無駄というものがありません。
    ・きつい登山
    方向や四季や時間の感覚を正し、自然の脅威を思い出し、動物の感覚を取り戻す事。本当に美しくて怖いものの中で希薄にな感受性や恐怖感を取り戻す事。
    達成感。
    そして山は突き詰めたらタナトスを味わえる場所じゃないかと思うんです。
    だからこそ逆に戻ってきたら生命力が上がるというか、頭も身体もしばらく冴えている実感があります。
    都会暮らしでまたすぐ逆リセットされてしまいますけどね。

    というわけで、古い伝統的な型に敢えて拘束か、逆に野生を思い切り解放させるか…
    普段使わない部分が活性化していいですよ。

    登山は危険もあるしなかなか日帰りとはいかず難しいでしょうが、鈴川さんが鎖場を登る姿は様になるでしょうね。

  6. 久美子 | URL | -

    すみません、たくろうさんにコメントです。

    すみません、鈴川さんのブログからたくろうさんにコメントです。
    今日の試合5歳の息子と7歳の娘がズムスタで始球式の予定でした、台風で中止と言う事でたくろうさん大好きな息子はたくろうさんに会えないと幼稚園から帰ってず~っと泣いてます。またズムスタに息子を連れてたくろうさんを応援しにいきますね!

  7. Beach tribe | URL | -

    う~~~ん。。。

    鈴川さんをブログの中でしか知らないし、かなり思い込みの部分もあるだろうから
    『何か』を言い当てる…というより、ヒントにすらならないのでしょうが。。。

    なんでしょうねぇ。
    まったく真逆とか無縁と思える事に目を向けてみるとか。でもそういうのもなんか
    わざとらしい、ですかね(笑)

    私は主婦なんで、日常と言えば子育てと家事なわけですが、
    最近、短時間ですがパートをはじめまして。早朝5時~8時のコンビニのレジ業務。
    結婚・出産して6年ほど社会と隔離状態(笑)でしたから、久しぶりの仕事って新鮮です。
    依然だったらコンビニの仕事は考えもしなかったけど、これが気持ちいいんです。。

    仕事というものから離れていた6年間は決して無駄でもなく、むしろ今までの自分が
    いかに自分中心で相手の事を考えず仕事をしていたか、等々、色んな事を客観的に見られて
    とても有効な空白期間だったのかも知れません。

    もちろん、主婦業・子育ても立派な仕事なわけですけどね。

    うーん、何が言いたかったんだっけ。。(汗)


    >トレーナーとしての、自分の輪郭を保つ為の「何か」

    鈴川さんの求める「何か」はまったくわかりませんが、
    案外とても身近なところにあるのかもしれませんね。
    もしかして、もうすでにお持ちになっているけど、気付いていないだけとか。
    んー、それはないでしょうかね。。どうでしょう。


    でも、みんないろいろ考えているんですよね。。
    自分以外の人間は、なんの迷いも悩みのなく突き進んでいるかのように、錯覚してしまうけど(笑)
    でも鈴川さんは今まで、散々悩んで壁にぶち当たってもがいている人たちをたくさん見てこられたんですよね。

    今回のブログで、何か極めている人はそれを支える「何か」を一つや二つや三つ…?
    持っているものなのかもしれない…ということを知りました。今ごろ。。鈴川さんありがとう。

    私は、まだまだまだまだ、だなー(苦笑)


  8. シンタロー | URL | .TdP4WeM

    お願い

    僕も鈴川トレーナーには、またいつかカープに
    カムバックしてもらいたいと思っている一人です。

    多くの方々が鈴川トレーナーのカープ復帰を望んでいる事は
    同郷の者として僕も誇りに思います。

    僕としても、同郷の鈴川トレーナーや同年代の広池さんが
    カープを去り、同じ高校の永川投手は今は二軍なので
    せめて鈴川トレーナーがカープにいてくれたならばと
    少しさみしい思いをしているところです(笑)。

    カープファンの皆さんの中には、永川投手が帰ってきたら
    「またヒヤヒヤさせられるのか。」と思っている方もいるでしょう(苦笑)。

    確かに不甲斐ない投球をすれば、ファンの皆さんが怒るのは当然です。

    しかし、僕からお願いしたいのは、永川投手が失敗して
    皆さんが怒る時に『しっかりしてくれ!』『もっと強くなれ!』と
    そんな思いを持って、真剣に怒っていただきたいのです。

    選手を思う気持ちを持って怒るのであれば、それは選手にも
    伝わると思います。それもまた選手を強くする為の糧となるでしょう。

    中には、選手が失敗した時に「待ってました!」とばかりに
    選手を罵倒する人もいますが、僕が思うにそんな人は
    全体の中のごく一部ではないかと思います。

    選手の失敗を望むような人は、もはやファンとはいえません。
    選手の失敗を怒る人は、失敗を望んでいないからこそ怒るはずです。

    大部分のカープファンの皆さんは、時には厳しい言葉を言うにしても
    決してカープを見捨てる事なく、どんな時もカープを応援し続ける。
    そういうものではないでしょうか?

    P.S.
    鈴川トレーナーの探す「鉱脈」は、案外身近なところに
    あるのかもしれません。なんとなくそんな気がします。

    僕も鈴川トレーナーが同郷だと知った時は、
    『凄い人は案外身近なところにいるものだなあ。』と思ったからです。

  9. ハル | URL | TTNkyA.s

    そういえば、

    前のブログ以来、久々にお邪魔いたします。
    「愛について語るときに我々の語ること」
    村上春樹が数多く翻訳を手掛けているレイモンド・カーヴァーの短編小説集で、
    ご覧の通り、「走ること~」のタイトルの元ネタでもあります。
    とはいってもスポーツとはあまり、というかほとんど縁のない作品ですが…。
    全く違う分野の本も時にはありかな?と思い立ち、ご紹介させていただきました。
    「日常の孤独」をテーマにした作風は、波長が合うとちょっとクセになる感じ。
    既読でしたらご容赦ください。

  10. MIYA | URL | NLNr8Ioo

    アスリートとしての

    アスリートとしての鈴川さんをみてみたいなぁ

    と思ったことがあります。アスリートを支える鈴川さんではなく。フルマラソンなら実現しますね!場所はホノルル!

    今ホノルルマラソンは日本人ばかりで他の大会はどうかなと考えてみましたが、鈴川さんはきれいな海のみえるロードを走る姿が似合うと思います。鈴川さんが撮るホノルルの写真をblogでみたいです。

    村上春樹さんの音楽論「意味がなければスイングはない」だったかな、ホノルルマラソンの前夜祭にふれたエッセイがあったはずです。マラソンはスポーツを越えているんですね。あらゆる人たちの物語があつまるこの場所に、鈴川さんがいたら何を伝えてくれるだろう

    と、勝手なようで本気な気持ちを書いてみました。

    もう一つ、本を執筆されること。輪郭のあいまいさが、はっきりとしそうです。鈴川さんの言葉を一冊の書物として読んでみたいなぁ

    と、これも本当の気持ちです。

  11. トモ | URL | -

    わぉ!
    私が唯一アマゾンを利用したのは、ドラえもんのDVD大人買いです奇遇だ!?
    昔のが見たかったんです。

    最近、マラソン走れていないなぁ。。
    私は、体力作り(スポーツ)というより、ストレス発散、自分との対話の時間に使っていたように思います。

    スポーツと言っても、沢山の種目があるし、バラバラに考えたら、鈴さんは色んな事に挑戦しているし、凄いなぁと思いますよ。
    その他にも、読書や写真にキャンプ、絵を描いたり、机作ったりと、とても同じ1日24時間を過ごしているとは、思えないですからね

    私は、興味があったらやってみるっていう事はあっても、自分から探すってした事がないからなぁ。
    ブログの文章を読んで、『魔女の宅急便』を思い出しました。
    キキちゃんも、魔女という職業に色々と悩み、趣味でパッチワークを始める事にしたんです。

    鈴さんには、ニットの貴公子*みたいになってほしくないですが、ものづくりが似合いそうですね!
    陶芸とかガラスとか、染織とか。。?!アスリートに役立つかもしれない料理とか?!

    何か良いものがみつかるといいですね♪


    あと。
    家の近くのコンビニにあったのは、敷島のこしあん&ホイップでしたよ
    こしあん派も負けてませんからね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。