BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間を作る

2013年08月09日 23:50


今回の仕事。

トレーナー人生で一番の難問であり、

一番の収穫であったと思います。


福井県馬術連盟主催の強化トレーニングに講師として呼んで頂きました。

9日8

全くイメージの湧かない馬術。

いろいろ調べて馬術とコンディショニングの接点を探しました。

探したんですが、なかなか見つからないんです。

一体何の要素が必要なのか?

9日7

実際の練習を見ただけではもちろん分からず、実際馬に乗せてもらったら

そこそこ乗れたんです。

それだけです。その体験だけで、腹をくくって。

結局、自分が乗れたのなら自分がやってきたコンディショニングでも通用するんじゃないか。

そういう根拠の無い自信で二日間指導させて頂きました。

9日6
9日3
9日2
9日4

いろいろ手探りで、自分の頭の中にあるもの全部ぶちまけたんです。

あえてテーマとして上げるなら「適応能力」でしょうか。

生き物に乗るわけですから、反応も素早い方がいいでしょうし、たまには強いパワーも必要です。

そうなると体幹の安定性(体側は特に。前後はある程度可動性が必要)、股関節の屈曲及び伸展パワー、

そしてアジリティー能力も求められます。

まだまだ他にも必要な要素は山ほどあります。



これで良かったのかどうか。。。



そして帰りの電車でふと気がついたんですが、接点なんて探す必要もなかったのかも?と。

結局スポーツにおけるコンディショニングの役割は、

動物としての「人」を作って行く事なのかも知れません。

ましてや、今回の参加者の大半がまだ学生です。

何を伝えても、何を実践しても全て身に付く時期です。


僕らの悪い癖で、競技の動きを意識し過ぎる事が多々あります。

その判断は選手がすれば良いのであって、僕らは正しいコンディショニングを伝えるだけで良いはずです。

2回目以降で、徐々に共同作業でその接点を見つければ良いだけです。


そう思うと、あらゆる分野でコンディショニングの必要性が高まって行くのではないかと思います。

言い換えればコンディショニングは「何にでも効く」という事です。


なんとも投げやりな感じの、自分を正当化しているだけの考え方かも知れませんが

なにより大事なのは「やること」です。

頭でっかちじゃ何も生まれないと言う事だけは、間違いありませんから。

9日1

この中からオリンピック選手が出ます。

福井県の馬術のレベルが全国でもトップクラスになり、馬術界でもコンディショニングが一般的になる。

そして多くの選手が腰痛等の怪我を経験せず、この素晴らしい競技を生涯かけて行う事が出来るようになる。


その第一歩を共に踏み出せた事を嬉しく思います。


吉村さん、この度は本当にありがとうございました。

僕を講師に招くなんて、かなりの賭けですよ。

佐藤先生、馬術をという競技を本当に分かりやすく説明して頂きました。

参加して下さった選手の皆さん。

いきなり現れて、訳の分からないコンディショニングを提供したにも関わらず

本気で取り組んで頂きありがとうございます。

よき出会いに感謝です。

では。



馬の話。続きはまた今度。

馬って本当にかっこいいです。

18年

2013年08月08日 21:50


今日は友達の18回目の命日。

記憶を繋ぐ一日でした。

8日4

中学の時あいつはセカンドでした。

8日5

部室は当時のまま。

屋根で遊んでいた友達が天井が抜けて落ちて来た事もありました。




高校ではサッカー部でサイドバック。

8日3

ここでスパイクに履き替えて練習。

終わったらここでスパイクを脱いで裸足になってくつろぐ。

練習よりも、そういう時間が好きで

皆なかなか帰らないんですよ。



今年は思い出を辿る一日でしたが、気がつけば行く所はグラウンドばかり。

それもそのはず。

まだ20歳という若さでしたから、彼の人生の大半が学生だった事になります。

8日6

少年野球の練習で使っていたグラウンドを訪ねてみました。

8日7

驚いた事に、当時の監督がまだ指導されていました。

8日1

このベンチもバットケースも全部あの頃のまま。

ここに座っていたらひょこっと現れそうな気がします。

8日9

小学5年生の写真。みんな、純粋無垢という感じです。

写真も場所もあの頃のままですが、

本人には、もう二度と会えないんです。


命は尊いですね。


二人分頑張りますよ。

では。

セブンのCoffee

2013年08月02日 23:29

今月はすごくたくさん書くか、ほとんど書かないかのどっちかになりそうなので

気がついた事を書いておきます。

2日1

これは美味い。と思うんですが、みんさんはどうでしょう。

このCoffeeを100円やそこらで売られたらたまったもんじゃない。

という老舗カフェあるんじゃないかと心配です。

ふつか

僕も鈴川塾でアイスコーヒーを出したくて日々研究中なんですが、なかなか難しい。。。



この値段でこの味。

どうやったら成り立つんでしょう。



でも実は最近の鈴川塾ではCoffeeよりコーラが人気です。

その気持ち分かりますよ。


で、ついでに言うと、

アクエリアスよりポカリ派です。

では。

ついたち

2013年08月01日 23:16


はい、ついたちです。

暑い夏もあっという間に終わります。

「暑いですね」が挨拶化していますが

気がついたら「もう年末か」という時期がやってきます。

何の心配も要らない。



と言う事で僕のついたちは昭和な夏。してきました。

1日2

何が昭和かって、気温が25度くらいでした。

確か、子供の頃の夏はこんな空気だったはず。という記憶の旅でした。

朝ラジオ体操に行く時は少し肌寒かった気がします。

その頃の空気を感じない以上、絶対に思い出されない古いデータが

脳のシワの奥深くにあるとしたら

今日はそのシワの奥の奥まで酸素が行き届いたかも知れません。

これで絶対何かが動き出します。

1日1

その何か?はおそらく感覚。

視角も、嗅覚も、30年前に。

感覚は過去に戻る事が、バージョンアップですからね。



とは言っても

1日3

夜はいろいろ準備です。

若者がソーランを練習する傍ら

今月から始まる新しい鈴川塾に向けてゴソゴソと。

もう何屋かわかりませんね。

自由人なのでどんなにハードワークでもしんどい事は何もないんですが、

自由過ぎると自分本位になってしまうので「誰かの為の自由」でありたいですね。

1日4

では、みなさんも良い夏を。

祭り

2013年07月29日 23:54

各地で夏祭りが行われています。

DSC04705.jpg

僕も先週末、ソーラン演舞で夏祭を「はしご」するという離れ業を行ったため

今日はイスに座るのも痛いです。

殿筋付着部、内転筋付着部、腫れた感じ。

多少、痛めてる感は否めないですが

せっかくなんで、超回復させて頂こうかと。

29日4

一つは地元、向原町の「土曜夜市」

向原の土曜夜市と言えば、僕らの子供の頃の夏休み前半のメインイベントでした。

昔に比べると人手は少ないかも知れませんが、匂いは変わりませんね。


同級生が子供を連れて歩いていたりすると、その子供が同級生の子供の頃のまんまなので笑えたり。

友達のお父さんやお母さんが声を掛けてくれたり。

いいもんですね。

せめて祭の時くらいは帰らないといけないなと思いましたよ。

まっさんありがとね。



それからもう一つは

29日1

可部の名神祭にて。

なんとか見つけ出したこの1枚。

なんせ踊り手だけで動いていますから、中々良い写真をアップ出来なくてすみません。

ここは路上でゲリラ的にライブをした感じです。


音響担当がまたROCKなおじいさんで。

「音量ガンガンに上げるけえの!小さいようだったら合図してや」と。

終わった後

「今日の音、最高でした。ありがとうございました!」と言うと

「これワシの自前なんよ。まだウーファーもあるんで!また今度の!」

いや、十分です。。。

でも本当に向原も可部も音は最高に良かったです。



この大音量で人がどんどん集まってきて。

年配の方も手拍子して下さったり、どっこいしょのかけ声や、さらにはアンコールまで。

でも終わったあとに

「えかったよー。ほんまにえかったわい」

「盛り上げてくれてありがとのう」

「ものすごい元気が出た!」

とたくさんの方から言われました。


それから、

「若者にはこういう踊りは指導せんのん?」と聞かれたんですが、

この踊りはもともとは青少年の健全育成の為の一つの方法として生まれた踊りです。

確かに、周りを見渡すとちょっとやんちゃな若者がたくさんいましたが、彼らにはもってこいの踊りです。

今回もそういう若者がたくさん見てくれていましたが、彼らの心に何か刻む事ができたなら幸いです。

指導もしたいですし、一緒に踊ってもいいと思っています。



祭の運営に関わって下さっているスタッフの方々ですが、

高齢者の皆さんが多かったように感じます。

みなさん、本当にこの街が好きなんですね。

だから祭も盛り上げようと一生懸命ですし、

次の世代の若者の事も気にされているし。

もっといろいろ会話をすればよかったと。

あれもこれもお話してあげたら良かったなと思う事がたくさんあります。


そういう所がまだまだだなあと、今反省中です。

踊りの反応や、地域の皆さんとの感触が良すぎただけに、反省点も多いです。


あのおじいさんにまた会いたいですね。

では。




最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。