BLOG

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の可能性

2013年05月26日 07:25


土曜日はコーチズのスタジオが賑やかです。

昨日も30人を超える前向きな人達が集まりました。



最近、とあるお客さんのトレーニング中に

「人間の不思議」を見ました。

障害があって、いわゆる麻痺の状態であると聞いていた、というか

「勝手に思っていた」のかも知れない脚が

はじめはピクッと、徐々にグググと動いたんです。


下手に知識があると、諦めてしまう所かも知れませんが、

僕はそういう分野の知識には乏しいので、何となく「動きそう」と思ってあれこれやってしまいます。



あとあと何かマイナスの事が起こるかもしれませんし、

それが良いか悪いかなんていう判断もしません。

ただ、動いたという事に

人間のしぶとさと言うか、不思議を感じました。



考え方によっては、知識が増えれば増える程

未知の領域を喰っていくような気がします。

未知の領域に人間の可能性があったりするわけですから

同じ勉強するなら、思考を固定化してしまう勉強より

未知な部分をどんどん広げるような学び方をしたいものです。


スポーツにも同じ事が言えますよね。

球速とか、飛距離とか、跳ぶ高さとか、常識的な数字を知らない方が良いかもしれません。



前置きが長くなりましたが

25日3

トレーニングは間違いなく、自分の限界を打ち破るための行為です。

出来ないと思っていた腹筋が実は出来た。

上がらないだろう。と思っていたダンベルが上がった。

硬いと思っていた身体が徐々にほぐれてきた。

続かないと思っていたトレーニングが続いている。



その、いい意味での裏切られ方が

人間の未知数なところであり

ものすごい伸びしろだと思うんです。


出来ない事を見つけ、でも諦めずやってみたら意外と出来た。

全部トレーニングが気付かせてくれます。

25日4

はるばる東京から来られた渡辺さんと藤井ちゃん。

藤井ちゃんが履いていたアンダーアーマーの中途半端な丈のソックスも

僕の勝手な固定概念で「どしたん?」と思ったんですが

実はこれ米国で最先端だそうで。

よく見るとだんだんかっこいいような気がしてきました。


昨日はいろんな意味で、自分で結論を出すもんじゃないなと感じた一日でした。

では。


TAUE

2013年05月12日 20:54


ここ数年、田植えを手伝える時間が出来たのですが

だんだん仕事が分かって来ると、コイツのすごさも解ってきました。

12日1

うちのスーパーカーです。

運転するのはプロ50年目のベテランです。

12日2

こいつが一度に4本の腕でサクサク植えて行くわけです。

早い早い。

デジタルではなく、アナログなマシンなんですが

じっくり見るとこのマシンはいろいろな工夫というか、知恵を垣間みることができます。

明らかに、人間の作業をそのまま機械がやってくれている。

12日3

でも端っこはこうやって手で植えます。

僕はトレーニングだと思えるからいいですけど、母ちゃんは大変でしょうね。

でもやめたら老化しそうなので、続けてもらわないと。

今年の発見は、裸足の方が筋肉の負担は少ないが

油断するとヒルみたいのなのに吸われる。ということ。

結局、田靴を履くはめになるのですが。


田植えはメンタルです。

苗を植えると思うとしんどいので、白米をイメージし、さらにカレーライスとか、おむずびとか

そのくらい先のものを植えていると思ったら、ちょっと頑張れます。



ちなみにうちの実家にはオープンカーもあるんです。

二人乗りのオープンカー。

IMG_8253.jpg

まあオープンなのは人間が乗るとこじゃなくて、荷台なんですが。

結構いいですよ。

アウトドアには最高。田植えにも最高。

では。

真ん中

2013年05月10日 13:00


お久しぶりです。

ちゃんと生きています。

GW中は人ごみを避け、ひたすら自然と向き合っていました。

そうやって自然と向き合えば向き合う程、心はブログから離れて行くんですよね。。。。

ブログと言うか、パソコンを開かなくなります。日光を浴びると夜もすぐ眠くなるので。


「自然」と「パソコン」は相反するものだと、つくづく感じています。


やっと雨が降って、なんとなくリセットされてきたのと

感情も雨水のように流れはじめたので

ボチボチ書きます。



家族で三段峡に行きました。

10日4

こういう感じで、見どころ満載です。

いくらでも歩けます。


気になっていた「ロックバランシング」というヤツをやってみたんですが

10日2

これがかなり面白い。

この上に

10日3

もう一つ載せます。

これくらいなら5分で出来ます。

人間が「立つ」という行為もこれに近いと思います。

本来、力なんか要らない。

10日1

やってみての難しさと、見た目の凄さは別物です。

簡単で、いかにも凄そうな作品を作ってみたいです。


これ集中力も必要ですから、アスリートにもお勧めです。

石の「芯」ってあるんですよ。

しかも指で感じる事が出来る。

よくピッチャーが「ボールの重さを感じたい」と言いますが、なんとなくそれに近いです。

重さを感じるということは、そのものの真ん中を見つけるということ。

たまには人工的に作られた丸いボールではなくて

自然の石を触るのも良いかもしれません。



重い石も楽しそう。トレーニングになりますね。

ぜひやってみて下さい。

山を走る

2013年04月28日 21:51

もう何年も前からやってみたかったんですが。

28日1

念願のトレイルランニング。


僕はアスファルトの上では5キロくらいが限界なんですが、トレランは結構いけます。

いけるというのは走れるとか走れないじゃなくて、

まったく「飽きない」という意味で、トレランはかなりいけます。

無意識じゃ走れないです。

多少の危機感が常にあります。

そして斜面の角度によって、走り方を変えないといけませんから

ずーーーっと何か考えていました。

このペースだと心拍数が上がりすぎるし、ゆっくり過ぎるとバネを使えなくて

筋疲労が進むな。とか。



上りはもっとケツ(殿筋)を使えた方が良さそうです。もっと上体をかぶせてもよかったかも。

下りはどうしても膝に衝撃がくるので、それをなんとかしないと長く続けられないかも知れません。

スピードを上げたらいいんでしょうけど、やっぱり怖さもあります。

とかなんとか考えるから、面白いわけです。


そうなると、アスリートは絶対やったほうが良いですね。

フォームとペースを考えるし、地形も見ないと危ないですから集中力も養えます。

由宇の裏山走ったのは間違いじゃなかったんですね。


山を自由自在に走れるって、かっこいいですよね。

そうなりたいです。

28日2

ほんの20分走っただけで、この景色が見れます。

健康体って大事だなと思います。

原棟梁、またご指導お願いしますね。

僕もそういうかっこいいバックパックと、シューズが欲しいです。

では。


100キロプロジェクト

2013年04月22日 20:05


とうとう、コーチズのスタジオでもベンチプレスが出来るようになりました。

職場で、ベンチプレスが出来るんですよ。凄いでしょう?

他にも腹筋やらランジやら、いろいろ出来る素敵な職場です。

12日5

正当派のラックではないんですが、

いろいろ応用がきくようにした結果、少し中途半端。。。

でもこれで週2回はトレーニングできます。

いや、正確に言うとベンチプレスが出来ます。

なんなんだろう、ベンチプレスのあの魅力って。男にしか分からんでしょうなあ。



そして僕が鍛えているのは大胸筋であって、大胸筋ではない。

メンタルです。

たかが100キロ野郎に負けてたまるかと言う、精神力を養っています。


とはいえ、

もう大胸筋の肉離れはごめんです。


100キロ上げたら「じいちゃん、ばあちゃん、俺やったよ!」って言います。

では。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。